アクセスランキング

「 山 」 一覧

【ゾッとする話】やまの主との契約

知り合いの話。 彼の先祖に、羽振りの良い男衆がいたのだという。 猟師でもないのに ...

 

【ゾッとする話】薄気味悪いお爺さん

友達の帰省Uターンにつきあって某県南部の山道を走っていた。 友達が道を一つナビし ...

 

【怖い話】甲高い悲鳴とともに破裂するネズミ

知り合いの話。 彼のお爺さんは猟師をしていたそうだが、その山には奇妙な獣がいるの ...

 

【怖い話】山奥のため池で水を歩く女

友人の話。 彼がヘラブナ釣りにはまり始めた頃のこと。 夜中に無性に竿が振りたくな ...

 

【怖い話】追いやったのは一体何モノ

知り合いの話。 行方不明者の捜索で山に入っている時のこと。 遺体が発見されたとの ...

 

【怖い話】連れてきた変なもの

場所は書けません、下山中の事です。 「おい○○お前、変なもの連れてきたな」 と急 ...

 

【怖い話】ねぇ、開けてよ?

とある地方にスキーへ行った時の話です。 車で遠征したのですが、地図を見ながらこっ ...

 

【恐いい話】みんなを導いてくれる

先輩の話。 大学生の時、部活で冬山登山に参加した時のこと。 避難小屋の近くで厳し ...

 

【ゾッとする話】ホッケーマスクの男

んー、他愛もない話を一つ。 昔仲間2人と山歩きしていると、峠で大きな男性が来るの ...

 

【怖い話】テントの周りをうろつくもの

あんまり怖くないかもしれないけど高校の先生から聞いた話。 その先生は大学のころワ ...

 

【ゾッとする話】吹雪の夜ヒッチハイクをしている女性2人

親父より聞いた話でよければ… 吹雪の夜 長野の林道を車で走っていた時 道の途中で ...

 

【恐いい話】一本だけの奇跡の花

おっと良い話なら俺の人生最大の衝撃を受けた話を聞いてくれ! 俺と同じ年に生まれた ...

 

【怖い話】腰の紐に括り付けて持ち帰ると…

猟師に聞いた話。 ある時期、増えすぎた猿を駆除するべく山に入っていた。 殺した猿 ...

 

【怖い話】近付いてくる片足の足音

子供の頃近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にその山で遊ん ...

 

【ゾッとする話】なんだったのか気になって仕方がない

父から聞いた話。 私の父は、昔から山登りが好きで、大学生の時には、サークル活動と ...

 

【ゾッとする話】耳元で聞こえました。

先輩から聞きました。 梅雨の終わり頃、静岡東伊豆の山中にて。 山奥の池にいる蛙の ...

 

【怖い話】判別不能、理解不能な声!

高校1年の夏。 深夜。 友達合わせて5人で、山の奥にあるダムに行った。 足は原付 ...

 

【ゾッとする話】「忌み名」を用いる習慣

寄り合いの場で聞いた話。 一人の若者が山で仕事をしている最中、どこからか自分の名 ...

 

【怖い話】丑の刻参りにもほどがある

学生の時、連れと二人で呪いのワラ人形で有名な白●神社に夜中のツーリングに行った。 ...

 

【ゾッとする話】下りてこない登山者

知り合いの話。 山に入ったまま下りてこない登山者が出た。 当時、地元の青年団に所 ...

 

【恐いい話】神社の主にお礼

九州を走り回っていた頃、その日はキャンプ場に連泊することにして、近くの山に軽装登 ...

 

【ゾッとする話】結構死亡事故が多い山道

お父さんの話なんやけど 昔お父さんはよくバイクに乗って友達といっしょに夜の誰も居 ...

 

【恐いい話】超越した微笑がえし

私の祖母は沖縄北部の山村出身です。 20くらいの頃、村の寄り合いの為、近所の仲良 ...

 

【ゾッとする話】不可侵の領域

知り合いの話。 彼のお爺さんが猟師をしていた時のことだ。 冬期で食料が乏しくなっ ...

 

【ゾッとする話】いわくつきっぽい廃墟の中には…

中学の時、山奥にポツンとあって気になってた、いわくつきっぽい廃墟一軒家に6人で突 ...

 

【ゾッとする話】呼ぶ声の主

20年以上前、夏の、夕食にはちょっと早いという時間、母は、近所の主婦たちと、小さ ...

 

【ゾッとする話】雪に誑かされた

昔ね、2~30年前の話。 山小屋があってね、春になって雪が溶けてから、係りの人が ...

 

【怖い話】四方八方から聞こえる笑い声

田舎の友達からこんな話を聞きました。 その人は中学2年のとき先輩と山にキャンプへ ...

 

【ゾッとする話】終わらない山道から出る方法

今はアメリカに住んでる従兄弟が、かれこれ20年くらい前に鎌倉の近くで、似たような ...

 

【ゾッとする話】沢の奥で馬鹿騒ぎしていたのは…

文才ないから上手く書けるか判らんけど、唯一の心霊(?)体験を。 俺が高校一年の時 ...