アクセスランキング

「 超常現象 」 一覧

【ゾッとする話】謎の見知らぬ獣道

友人の話。 彼は祖父に可愛がってもらっており、よく一緒に山に茸などを採りに行く。 ...

 

【恐いい話】愛猫タマの最後の挨拶

私の母の体験した話です。 母がまだ高校生の頃、一匹の雑種の猫を飼っていました。 ...

 

【恐いい話】祈りが通じた話

いつも出入りしてるゲーム屋の社長さんから聞いたお話です。 彼がまだ若かった頃(2 ...

 

【恐いい話】この世に一つしかない誕生日カード

2019/03/09   超常現象 ,

俺、今年の6月に結婚したんだ。 それで、披露宴は9月。 俺の母は俺が3歳くらいの ...

 

【恐いい話】おばあちゃんに会いたいがために

20年以上前の話なんですが、ちょっと不思議な事がありました。 祖母と祖父は二人き ...

 

【ゾッとする話】気遣いしてくれる謎の存在

友人の話。 夏山を単独登山していた時のこと。 上り坂で靴紐が切れてしまい、しゃが ...

 

【ゾッとする話】山で見た鳥居の先には…

十年ほど前、友達のAは、山に登った(どこの山だか忘れたらしい)。 そんな急な斜面 ...

 

【ゾッとする話】因果応報!祖母の怒り…祟り

3年ほど前、当時の彼氏の浮気を責めたら逆ギレされて暴力を振るわれた。 その頃私は ...

 

【恐いい話】消えた形見と最後のメッセージ

昔、数年間付き合ってた彼女が他界した時の事です。 形見として、いくつか持ち物を頂 ...

 

【怖い話】おばあちゃんの赤い手袋

私が中学の時、おばあちゃんが病気で他界しました。 おばあちゃんが逝く前に、病室で ...

 

【恐いい話】お礼がいいたい気分

どうしても合格したかった大学の受験の帰り道 新幹線の中で眠っていたら中年の男性の ...

 

【恐いい話】最後の引き合わせ

前にお客さんで、霊柩車の運転手をやってる人がいた。 仕事柄?色々体験したそうです ...

 

【ゾッとする話】受験への執念

今ついさっき体験した怖い話 俺、某予備校の受付のバイトしてるんだけどさ、その予備 ...

 

【怖い話】山菜取りで出会った人

俺の兄貴が小学生のころの話(俺が生まれる前の) 兄貴が小5の春ごろ、おじいちゃん ...

 

【ゾッとする話】鏡の中のお城

小学校の時図書室の掃除当番をやっていました。 図書室は独立した古い小さな建物でド ...

 

【怖い話】真っ暗な水の中で光る物

友人の話。 学生時代、キャンプした場所の近くに、小さな滝と綺麗な淵があった。 淵 ...

 

【ゾッとする話】激しい揺れの原因は…

コンサルタント会社の社員に聞いた話。 地質調査のため山中でボーリングを掘っている ...

 

【ゾッとする話】伝説の鬼と河童伝説

親父が教えてくれた話を一つ。(子供の頃の思い出ね) 新潟の十日町の近くにある故郷 ...

 

【ゾッとする話】山に西瓜を食べに来る!!

私の体験した話。 私の友人に、瀬戸内の小さな島の出身の者がいる。 彼の実家は島の ...

 

【ゾッとする話】不審な大男を見た結果…

聞いた話。 おばあちゃんの知り合いの人(仮にKさん)が残暑の厳しいある日に、銀座 ...

 

【ゾッとする話】線香の匂いで知らせてくれる…

私の不思議な体験を聞いてください。 今から6年ほど前、夫と2人でアパートで暮らし ...

 

【ゾッとする話】トンネルの中の天井に広がる彫刻

神奈川県の玄倉川は上流に向かって、両側を峡谷に挟まれた林道が1本伸びている。 そ ...

 

【恐いい話】大好きな家族の最後のお願い

昔飼っていた猫、もう15年以上いたんだけどある日、ヨタヨタしながら帰ってきて、も ...

 

【恐いい話】祖父の道しるべ

大学卒業前、就職もできずもうやりたいことなんて何も無い 自分なんてこの世から消え ...

 

【恐いい話】台風が来たけれど…

これは僕がお母さんから聞いた話です。 僕の住んでいる家が昔 台風に襲われたそうで ...

 

【恐いい話】娘をあやすもの

3ヶ月くらい前、私は遅くまで残業、妻は洗濯物をしてて3才になる娘が一人で寝ていた ...

 

【恐いい話】山道の仏像は心をうつす!?

昔の話 石の思い出 同僚と3~4人で山に登ったときのこと なだらかな山道をみなで ...

 

【ゾッとする話】林道での不思議な出来事

山というか林道での不思議な出来事… 10年前の夜、神奈川のヤビツ峠に車で行った。 ...

 

【ゾッとする話】白い蛇とじいさん

ガキの頃に、友達と遊んでたら真っ白な蛇が出てきたんだ。 で、珍しいから皆で捕獲し ...

 

【ゾッとする話】夢の道具を実体験!?

学生時代、私は八王子に一人暮らしをしていました。 ある時、埼玉の久喜にある友人の ...