アクセスランキング

立候補者不在|長期政権を築いた町長に現れない対立候補の謎

      2016/03/28

祖父から聞いた町長の話

数年前に、俺の住んでいる町の町長が「年齢的にもうキツい」って言って任期を満了して辞めた。辞めた町長は、まだファミコンが発売されてないような時代からずっと町長をやってた超長期政権だった。





小さい町とはいえ、なんで1人の人間がそんなに長期に渡って政権を維持出来るかというと、任期満了で町長選挙しようぜ!ってなっても、毎回毎回他の対立候補者が出てこないから。

どうして候補者がいないかというと、たまに立候補する人が出ると『何故か』その立候補した本人や身内、支援者に不幸が訪れるから。

具体的には

  • 【候補者自身が交通事故で障害が残るほどの重症】
  • 【候補者の身内が謎の転落死したり突然行方不明になる】
  • 【支援者の店が謎の出火】
  • 【支援者の会社の社用車のタイヤが全部バースト】
    ↑これだけだと、『辞めたくない現任町長がヤクザ雇って候補者に嫌がらせをしてる』って感じになるけど
  • 【立候補者が衆人環視の中、1ダース程の野生のトンビに襲撃され重症】
  • 【立候補者宅に雷直撃で全焼】
  • 【立候補の息子(30)が突然発狂→入院】
  • 【雪が少ない年に、立候補者の支援者の工場だけにピンポイント積雪&暴風→工場が(物理的に)潰れる】

祖父曰く「2つの意味でツいてる」
ちなみに町長としては優秀だったらしく、彼の任期中に『村→町』になったり、世界的有名企業の誘致で税収や人口が文字通り桁違いになったりした





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話