アクセスランキング

父と私|親子の哀しい夢の話

      2016/03/28

私が高校生のころ、父が癌で死んだ。

私が幼い頃、父はいい意味でも悪い意味でも私を一人の人間として扱ってくれた。

幼かった私にはできないことが多く、父をその度に怒らせた。

役立たずとよく言われた。

私は父と性格が似ているらしく、父は私を責めるというより私を通して自分を責めているらしかった。でも私は博学な父を恐れつつも好きで、よく機嫌がいいときはたくさん遊んでもらった。

そんな父が癌で弱りだし、一人の人間と同じことがだんだん出来なくなっていった。

病の痛みは壮絶らしく、父はよくのたうち回っていた。

しかし私には医療知識などないし、痛みもわからないので、何もできなかった。

「大丈夫?」という言葉を繰り返す意味もわからなくなって、私はただ呆然とするようにだんだんなっていった。

そしてその頃、父はだんだん性格が歪んでいった。

きっと痛みのせいだと思う。痛くないときはまだマシだったから。

母は帰りが遅いので、痛みのピークのときはいつも私と父は二人きり。

痛みで一人の人間と同じこともできず、陰険な性格になった父に私は、病気のせいだと思いながらも酷く失望していた。

父はその頃食事をしてもよく吐いた。食べたくても食べられないとよく言っていた。父は食べることが好きだったので、本当にその頃からは歪みに歪んだ。

そんな父が、俺は病人だから俺を病人らしく扱え的なことを言った。

確かに当然のことだったのだが、私はそのときに初めて自覚した感情があった。

父に対する憎しみだった。

私が幼かった頃、できもしないことをさせられて失敗して役立たずと罵られたことが、かなりトラウマだった。

役に立たないものは捨てる。父はよくものを捨てる人だ。

だから私もいつか捨てられると怯えたことを瞬間的に思い出した。

育ててくれた親に感謝せねばと思っていたのに、痛がる父に何もできない私に私自身が役立たずと慢性的に罵り続けていたり、父の言葉もあってかなり消耗していて、理性が効かなかった。

今では自分ばっか守ろうとした私が完全に悪いと思ってる。父には悪いことをした。

私は父に向かって

「役立たず」

と言って爆笑してしまった。

そのときの父の顔は忘れられない。

きっと父に止めを刺したのは私だ。

父はそれから二週間後、死んだ。

私は悲しいよりも、やっと自由になれた気がして爽快だった。それについても自己嫌悪はかなりあったが、事実ホッとしていた。

そして一周忌が終わった夜、私は父を食べる夢を見た。
血が滴るステーキに大きな骨付き肉。ホルモン焼き。
すべて平らげてから、デザートに父の頭部がカラメルソースやらなにやらかけられた状態で出された。
夢の中で私は今まで食べた肉が父の肉であることをそこで知った上で、何とも思わずにそれを食べた。
頬の肉をナイフで削いで、皿のソースをそれで拭き取って食べた。
甘くてジューシーだった。
私はすべて平らげた。
脳みそから背骨の髄まで柔らかい部分はすべて食べた。

そこで目が覚めた。

目が覚めると布団が血だらけだった。

起き上がろうと布団に手をつくと、激痛。

私は自分の腕の肉を食べてしまったらしい。

寝室にあった姿見には口の回りが血だらけの私がいた。

母に連れられて病院にいくと、深くは無かったけれど抉れていた。

やっぱり食べていた。

父が私を叱ったのか、私がおかしいのか、わからない。

多分後者だと思う。

けれどこれは私史上で一番洒落怖。

入院させろよ

カウンセリングちょっと通った
もう行ってないけど

親父をホスピスとかに入院させろという意味だろ

すまん間違えた
父は少し医療に近い職場だったのであまり入院したがらなかったんだ

それから私が暴言を吐いた次の日に入院しました

入院したあとの父は麻酔薬で穏やかだったし昔の父に戻ったようだった

死ぬ何日か前に意識が朦朧とし始めて最後に私に向かって目を見開いて何か一生懸命言おうとしてたけど結局声にも言葉にもなってなくて、それからちょっとして死んだ

看護婦さんは麻酔薬に麻薬が含まれているのでそういうことはよくあると言っていたが父の見開いた目もかなり怖かった

乾燥してカサカサになった角膜がギョロリとしていて半死体みたいな感じだった

長々と申し訳ない

 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話