アクセスランキング

前の家|古い家に住んでいた当時、妹は5人の霊を知っていた

      2016/03/28

前の家がやばかった。

妹が見えるらしく、5人いるとかいいだした。

家の造りがちょっと変わってて、二階は

子供部屋|部屋|大人の部屋

お風呂に女の人、固定電話の下に膝を抱えた男の子、階段に中学生くらいの女の子、真ん中の部屋に男の人 おばあさん

お風呂の女の人がヤバいと言って妹は絶対夜にはいらなかった。

お風呂の戸は閉めても閉めても開く。

男の子と女の子はそんなにやばくない。

おばあさんが揺り起こすのが怖いと言っていた。

足元に座っているのにおなかを揺するから。

わたしは押し入れの横にふとんを敷くんだけどふすまを閉めても毎朝、数センチ開いてる。

当時は自分の寝相が悪いからと思ってた。

あと、私が体験したのは、階段を上がる音がしたのにのぞいても誰もいなかった。

あとは足音かな。

夜、一人で1階のリビングでテスト勉強してたら足音がする。
でも誰も下りてこない。
よくあることだった。

必ず大人の部屋の前から子供の部屋の前で止まるんだよね。

ラップ音はしょっちゅうあったけど普通だと思ってた。

家も古いし。

でも他の家の音のならない事。

家でてから変だったと気づいた。

まあ、怖くなかったらすまそ

 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 ,