アクセスランキング

コインロッカー|コインロッカーを探し求めた哀しい母親の話

      2016/03/28

199X年都内某所にて、ある女が赤ちゃんを産んだものの育てられず、駅のコインロッカーに遺棄して死なせてしまうという痛ましい事件が発生した。

警察の懸命の捜査も虚しく、遺棄した人物は特定できず、その女は平穏な生活へ戻っていった…。

それから数年後、その女はごく平凡なサラリーマンと結婚し、幸せな家庭を築いていた。

そして、結婚2年目のその身体には、新たなる生命が宿っていた。その女にとっては、2度目の妊娠であった。

妊娠してみて、その女は初めて、以前捨てた子供のことに思いをはせた。
「これから産もうとする子と比べ、なんて可哀相なことをしたのだろう…」
女は自責の念に駆られ、人知れず涙した。

そしてその女は、
「せめて花だけでも添えて供養したい」
と思い、花を持参して赤ちゃんを捨てたコインロッカーの所へ向かったのであった。

あの日以来、決して足を向けることのなかったその駅は、数年の歳月を経て、雰囲気が大きく変わっていた。

そのため、女は例のコインロッカーの場所がわからず、途方に暮れるのであった。

交番や駅員、あるいは町行く人々に聞けばよいのだが、「後ろめたい事をしている」という気持ちのせいか、それもできず、いたずらに時間だけが過ぎていった。

身重の身体がきつくなってきた。その時、「コインロッカーを捜してるの?」と、突然背後から声がした。

振り向くと、そこには8歳ぐらいの色白の男の子がたっていた。

女が「うん、そうなんだけど、場所がわからなくて…」と言うと、男の子は、「僕、知ってるよ!こっちだよこっち」と言って、女の手を取り迷路のような構内を走り始めた。

心身ともに疲れきっていた女は、その子供に引かれるまま、その後を着いていった。

そして、女はあのコインロッカーの前に辿り着いた。

そう、そこは確かにあの時のコインロッカーだった…

女は、安堵感から
「フー」
と一息ついた後、男の子に
「ありがとう」
と礼を言った。

男の子は、ニコリともせず、ジーッっと女の顔を見ていた。

その時になって初めて女は、いくつかの不審点に気がついた。

この男の子は、どうして1人なのだろう?

なんで、こんな迷路のような駅の構内を熟知しているのだろう?

そして、どうしてこの子は、私がコインロッカーを捜していることがわかったのだろう?

女は、恐る恐るその子にきいてみた。

「僕、1人みたいだけど、ママとかは一緒じゃないの?」、

すると男の子は、ようやく女から視線を外して、うつむき、小さな声で

「ママは…ママは…ママは…」

と呪文のように唱えた後、再び女の方を向き、「ママはお前だぁ!!」と叫んだのであった。

そして、翌日、無理矢理ロッカーに詰め込まれた女の死体が発見された。

そのロッカーの前には、女を供養するかのように「花」が添えられていた。

その花が、女自身が持参したものであることは、誰も知らない…

 

 - 怖い話/怪談, 猟奇的な話