アクセスランキング

【驚愕の怖い話】室内灯を指差す弟

   

小学生の頃、まだ幼稚園児だった弟と並んで寝ていた。

夜中に弟が火がついたように泣き出した。

真上にあった室内灯を指差して、

「あそこからオバケがのぞいてる!!」

と狂ったように泣き叫ぶ。

恐い夢でもみたんだろうけどすごく恐かったので、その日は両親と一緒に寝た。

数日後、今度は笑い声で目がさめた。

やっぱり弟は真上の室内灯にむかって、

「この前はオバケと間違えてごめんね。」

といっていた。

翌日弟は熱を出して幼稚園を休んだ。

もちろん本人は何も覚えていないそうだ。

 

 - 怖い話/怪談