アクセスランキング

【駅の怖い話】浮き出すシミ

   

JR京葉線・新日本橋駅に部下『N』と二人でいた時の話である。

私たちは一番後ろの車両に乗りたいと、下り線ホームの東京駅に一番近い側に立っていた。

その壁際のところに、奇妙な人の形をした染みがあるのに私は気がついていた。

「気味が悪いなあ。まるで女性が手招きしてるみたいじゃないか。」

なあ、と同意を求めて振り返ると、後ろで部下がうずくまってしまっている。

「どうした?」

「課長…助けてください。」

この部下は、ものすごい霊感の持ち主だった。

そういう場所、そういうものにあうとすぐわかる。

「どうしたっていうんだ!」

「ひっぱられるんです、助けて。」

うずくまり、上体は後ろに反らしているというのに、彼の足はズズ、ズズ、とホームの方へずれて行くのである。

真っ青になった私は、とにかく彼を壁の方に引いて、ホーム中央に移動した。

彼が引きずられた距離はたかだか15、20センチだが、あのままではいずれ転落だったはずだ。

「何があったんだ。」

「課長、あの染み、見ました?。」

「ああ、人の姿みたいで気味悪いやつな。」

「…あの染み、女の人なんですよ。」

「え?。」

「あー、いるなー、と見てたら、目があっちゃったんです。そしたら壁が一面無数の手になって伸びてきて、ぼくのことひっぱったんです。…あれはすごく悪いものです。普通の人も近寄らない方いいですよ。」

部下は震えていた。

その後、新日本橋駅は改装されて、問題の染みも上から塗り直されたのだが、最近私はまた見てしまった。

塗り直した上に、人の姿の染みが再び浮きだしているのを…。

 

 - 怖い話/怪談 ,