アクセスランキング

【浜田雅功の怖い話】ダウンタウンのごっつ怖い話

   

ワニブックス刊「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」より

浜田:昨日ね、夜中、仕事終わったあと……。

松本:夜中、終わります。

浜田:家、帰ったんですよ。三時半すぎくらいに、キュッて曲がったらババァが立ってたんですよ!

松本:ババァっていくつくらいの?

浜田:もう七十過ぎくらいの……。で、曲がられへんかったんよ、ババァがおったから。
内輪差で巻きこむ思たから。危ないから一回止まって。
ほしたら、パッとよけたから、スーッといって、家の前きて、シャッター開けて、ちょっと前出てバックで入れよう思たらチャリンコが出てたんですよ。
もう、かなわんなあ言うて、チャリンコを奥へガッとやってたら……、オレのここ(後ろ)にババァが立ってんねん!

オレ夜中にウワーッ言うて叫んでもた!!

松本:ごっつ怖いやん。

浜田:もうメッチャ怖いねん。
怖い思たけど、とにかく車に乗ろうとして、

パッと後ろ見たら、おれへんねん。

松本:も、それっきりババァおれへんの?

浜田:違うねん。パッと見たらおれへんかったから、車乗ってバーンとドア閉めて、バックにいれて下げよう思たら、ここ(横)に気配すんねや。
で、パッと見たら、

ちょうど助手席の窓にババァ、はりついてんねん!!オレ、また、ギャッーや!!

松本:夜中の四時に二回「ウワーッ」ですか?

浜田:メチャ怖かってん!

松本:そら、怖いわ。

浜田:おそるおそる窓開けて……。

松本:初めてコンタクトとることに成功したん?

浜田:成功したんですよ、私は……。
何やーッ!って大声で言うて怖いババァやったら、かなわんから、小さな声で
「何?」
って言うたら……、そのババァ

「いや、おとなしくしてるかと思って……」

って言いよんねん。オレ「何が?」って、もう一回小さな声で言うたら、ババァ

「子供たちが……」

やて!

松本:怖わーァ!!

浜田:メチャ怖かってん!!そのあと、車庫入れ早かった早かった!

 

 - 怖い話/怪談 , ,