アクセスランキング

【桜金造の怖い話】おふだ(霊符)を剥がさないで

   

ある引っ越し業者のAさんはその日、先輩達と仕事をしてました。

とりあえず部屋の荷物は全て運び終え、Aさんはぐるっと部屋を見渡しました。

部屋はすっからかんになり、ふと柱に目がいったのです。

柱には変な物が貼っていました。

それはおふだ(霊符)でした。

Aさんは少し無気味に思いました。下の階へ降りようとしてる先輩達に

「このおふだ剥がしてもいいっすよね?」

と言うと、先輩は

「当たり前だろ。ちゃんときれいにしておけよ。」

と言い下へ降りました。

Aさんはまずい事してるんじゃないかと思いつつ、おふだに手を伸ばしたその時、電話が鳴りました。

自分の携帯かな?とAさんは思いましたが、違う。

どうやらこの部屋の電話が鳴っている様です。

しかし、さきほど電話回線は抜かれ、コードをぐるぐる巻にしたばかりです。

電話がつながる訳ありません。

恐る恐る受話器を手にとりました。

受話器の向こうで聞き慣れた声が聞こえます。

それはこの業者の社長の声でした。

「おおAか。どうだ調子は?このあと**さん家に行って…。」

Aさんはこの後もう一件、仕事をすることになった。

続けて社長は

「ところでさあ。柱におふだとかあるだろ!?あれって剥がさないでくれよな。な。」

Aさんは

「え!?もう剥がしちゃいましたよ。だってそうしろって先輩がいうから…。」

社長は

「なんで!?なんで剥がしちゃうの!??」

Aさんは、まずい事したかなあと思いました。

「なあ!!なんで剥がしちゃうんだよ!!」

社長は怒鳴りつけました。

Aさんは恐くなってきました。

するとだんだん社長の声が低い男の声にかわり、地の底から唸るような声で、

「なんで剥がしたんだよ!!」

Aさんはそこで気を失い、気がついたらまさに今、おふだを剥がそうとする瞬間でした。

それ以来、この引っ越し業者に新しいルールが加わりました。それは

「おふだ、又はそれに類似する物にはむやみに触ってはいけない。」

たしか桜金造氏の話です。

 

 - 怖い話/怪談 ,