アクセスランキング

【意味無いぞ】現れた霊の一言

      2016/05/02

知り合いの姉さん、裕子さんの話です。

何年か前の冬ですが、裕子さんはあるアパートの2階に引っ越しました。

で、彼女は、引っ越して間もないある日、友人と久し振りに飲みました。

久し振りだった事もあり、かなり酔った状態で家に帰りました。

家に着くとすぐに、コタツに入りました。酔っていたのと、コタツでポカポカしてきたのもあり、すぐにウトウトしてきました。

もうほとんど眠りかけの中で、ふと窓の方を見ると、窓の外に男性のような人影が、ごく普通に立っているように、こっちを見てます。

しかし、彼女は酔っているせいか、さして気にせずにそのまま眠りについてしまいました。

ここが2階で、その窓の外には人が立てる余地が無いという事は、その時には思い至りませんでした。

2時間くらい眠ったでしょうか。

酔った後には喉が渇きます。

裕子さんも喉の渇きから、窓の方に目を向けた状態で、目覚めました。

夜明けが近いらしく、窓の外は白み始めています。

体を起こそうと、正面を向いた瞬間、

「あっ!!」

コタツの上に、男が座ってます。

こちらを睨んでいるような、にやけているようなはっきりしない表情です。

そして何故か、生きている人間には到底思えない感じがしました。

そういえば、さっき寝入る時に窓の外に見えた男です!

彼女はパニックに陥り、とっさにコタツの布団をかぶってしまいました。

ガタガタと震えが来て、コタツから逃げ出すタイミングを失ってしまいました。

すると、布団の中の彼女の顔が上からぐぐぐっと圧迫されてきました。

ふぅーふぅーっと、生暖かい気持ちの悪い息が布団の上から伝わってきました。

どうやらコタツの上の男が、その顔を押し付けているようです!

彼女の恐怖は極限に達しました。

「南無阿弥陀仏…南無阿弥陀仏…お願いです…許してください…っ!」

自然と念仏を唱えていました。しかし圧迫は収まりません。

それどころか、ふぅーふぅーっと不気味な呼吸がより早くなりました。

「お願いっ…助けて…南無阿弥陀仏…南無阿弥陀仏…っ!」

必死に念仏を唱えました。

すると…

「そんな念仏唱えたって、意味無いぞ…」

低く唸るような声が、彼女の耳に突き刺さりました。

そのまま気を失い、気付いた時には昼でした。

部屋は何事もありませんでしたが、彼女はすぐに引っ越したそうです。

 

 - 怖い話/怪談 ,