アクセスランキング

【悪夢の話】なんだ、夢か

   

10年くらい前になる話なんですけど読んでください。

夜、私は二段ベッドの下で寝ていて夢をみていたんです。

その夢の中でもやっぱり寝ているんですよ。

でも、夢の中で私は少し開いた雨戸の隙間から、顔半分焼け爛れた髪の長い女の人に、手首をつかまれて窓の方に引っ張られているんです。

その頃私は12歳ぐらいで、そんな怖い体験したこともなかったから、とにかく抵抗したんですが、ものすごい力で女の人は引っ張ってきて、夢ですからそんなに時間はたってないと思いますけど、30分ぐらい引っ張られてたと感じました。

そうしてるうちに体は、半分窓の外に出てしまい、顔のすぐ横にその女の顔がある!

もうくっつきそうなぐらいで、

「もう、だめかも…」

と思った時、

女の人が、にた-っと笑ったんです。

その瞬間、はっと目が覚めたんです。

「…なんだ、夢か…。」

その時、急に窓が気になり、振り返ると…開いてるんです。

夢と同じぐらい5センチほど。

怖くなり電気を点けて窓を思いっきり開けました。

外は真っ暗で誰もいません。

「やっぱり夢だったんだ。よかった。」

安心してなにげに掴まれていた手首をみたんです。

確かめるために。

安心したかったから。

でも、見なければよかった。

その左手首には、くっきり指の跡がついていたんです。3日ぐらいその跡は消えませんでした。

上で寝ていた弟にもその跡を見せたから証人になってもらえたんですけど、3年ほど前にガンで亡くなってしまいました。

怖い話とかする時にたまにこの話するけど、夢と現実重なってるから、なかなか信じてもらえない。

でも、本当に怖かった…。

 

 - 怖い話/怪談 ,