アクセスランキング

【恐怖の体験】近くにいるのに気づいてもらえない

      2019/01/11

小学校に上がる前のある日、母と連れ立ってお墓参りに行ったときの話。

お墓参りを済ませてから、母はお布施と折り詰めを持って寺の本堂に挨拶に。

私は、お墓に隣接している公園(お寺の敷地内)で待っているように言われました。

そして、しばらく一人で遊んでいると。

知らないおじさんが現れました。

知らない人には~と母から注意は受けていたのですが、そのおじさんは何と言うか…怖いと言う感じはせず、むしろ安心できる優しい人という感じがしたんです。

遊具などでおじさんと一緒に遊んでいると程なく母が公園に現れました。

でも、キョロキョロ何かを探している風で公園の中を行ったり来たり。

母の用事がまだ済んでいないと思った私は相変わらずおじさんと園内で遊んでいました。

ひと仕切り見回った後、本堂へと戻る母。

今度は住職やお坊さんらしき人たちも出てきて、みんなで公園の中を行ったり来たり。

母と一緒に全員で何かを探しているようでした。

なんだろう?と思いながらも構わず遊んでいましたが…

随分時間が経っているのに必死で何かを探しまわっています。




そのうち公園の外に出ていく人もいました。

みんなが気になってきたのと、遊ぶのにも飽きてきた私を察してか、知らないおじさんが、

『そろそろ、お母さんの所に行こうか?』

と言い、母の所まで手を引いていってくれました。

私は母に近づき

『まだ帰らないの?』

と声をかけると、泣きそうな顔で

『今までどこに行っていたの!?』

と、怒りはじめました。

さっきまで一緒に遊んでいたおじさんの姿は忽然と消えていて…「?」。

私は「ずっと公園にいた」と主張しているのですが、母は姿が見えなくなったので、公園を中心に住職&お坊さんに協力してもらって、今まで探していたというのです。

そういえば、おじさんと遊んでいる間は、探しているみんなの声だけでなく、近くの車道の音すら聞こえてなかったように思います。

聞こえていれば、いくら子供でも探している事に気付いていたはずですから。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,