アクセスランキング

【恐ろしい話】ボール投げ

   

幼稚園の時の話しです。

私はよく幼稚園でボール投げをしてあそんでました。




しかしコントロールが悪いせいか、いつもボールは塀をとびこえてしまいます。

そのつど幼稚園を飛び出してはボールを拾いにいきました。

ある日いつものようにボール投げをしていると案の定ボールは塀を越えてしまい、

「あ~~またとりにいかな」

と取りに行こうと思った瞬間。

「コラァ!!なめとんか!!いまから殺しにいくからな!!」

と大声でどなられ私は半泣きで先生のとこ逃げました。

先生は事情を聞いてきましたが、言うと殺されると思い言いませんでした。

結局はそのおっさんらしき声の主は現れませんでしたが…

後日塀を飛び越したボールを捜しに行くとナイフかなにかで刺されたのかボールがむちゃくちゃになってました。

その当時は本当に死ぬと思いました…





 

 - 猟奇的な話