アクセスランキング

【恐いい話】連れて帰ってくれた人

   

かなり昔の話になりますがこんなことがありました。

その日、私は親戚の家の近くで祭りがあるということで両親と共に遊びに行ったのです。

結構大きな祭りだったので出店も多く、とても楽しくすごしていたのですがしばらくして迷子になってしまいました(当時4歳くらい)

帰り道もわからず泣いていたところ、泣き疲れ、鳥居に寄りかかって休んでいたのです。

疲れもあり、うとうとしていると…不意に手を引っ張られました。

私はそのままされるがままに歩いていき(疲れていたので誰かは確認していないがおそらく両親と思っていた)

…というところから覚えていないのです。

翌日、親戚の家の布団で目が覚めました。

すると母親に

「なんで勝手に帰ったりしたの?」

と聞かれ、私は

「誰かに連れてきてもらった」

と応えたそうです。

その後、聞いてみると、両親は私とはぐれてから結構な時間探していたが見つからず、

「もしかしたら親戚の家に戻っているかも知れない」

と思い戻ったところ、玄関で寝ている私を発見したと言いました。

玄関の近くの居間にはおじさん達がいたので近所の人が連れてきてくれたなら一言言っていくはずなのですが、玄関が開いた音さえ気付かなかったそうです…

私は誰に連れてきてもらったんでしょうか…

 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話