アクセスランキング

【恐いい話】証明写真が家族写真に!

      2019/01/11

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事はめずらしく無く、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。

このご主人ですが1度だけ修正せずに渡した写真があります。

その写真の話ですが、就職活動で使う履歴書用の証明写真を撮りに高校生のお嬢さんと母親が来店されたのですが、写真を現像してみると椅子に座ったお譲さんの右側に初老の紳士、左側にご婦人がにこやかに微笑んで立っている写っていたそうです。

証明写真というのは胸から上を撮るのですが、なぜかその写真は椅子に座ったお嬢さんの全身とその場に居るはずの無い2人が写っているのです。

にこやかに微笑む老夫婦?の表情があまりにも素敵だったせいか、証明写真用にカットしたものだけ渡せばいいのになぜかその写真を母親に見せてしまったそうです。




その写真を見た母親は涙を流しながらこれは娘が生まれる前に他界した両親で、

「生前は会うたびに早く孫の顔が見たいと言っていたけど、お父さんお母さんは今までもこうして見守ってくれていたのね」

と号泣し、一緒に泣くお嬢さんと母親みてご主人もつられて泣いたそうです。

ご主人は3人で写っている写真に職人技でさらに母親の写真も合成して引き伸ばし額に入れて渡したそうです。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,