アクセスランキング

【恐いい話】結婚前に足留めで決意!

      2019/01/25

数年前、つきあっていた彼氏と結婚をする約束をしていたんですが

お金使いが荒くて、私の方が心変わりをしていました。

このままこの人と結婚しても到底幸せになれないような気がして。

ただ、彼はちょっとした事できれて暴力をふるうのでなかなか言い出せず、どうしよう、いつ話そうってすごく悩んでいました。

私の様子がおかしいと思ったんでしょうか、休日にいきなり電話をしてきて

「おかんの墓参り行くで、結婚の報告や」

と。

彼の御両親は離婚後、二人とも亡くなっていて今日はお母さんの方のお参りするということなんですが、亡くなってるからお墓参りになるけど、普通生きてらしたらお宅に伺って2人の結婚の御報告って言う形と同じですよね。

なので、私はもう結婚する気がないのに行くのがやはりためらわれたんですがいつものように何も言う事ができずに彼とその墓所に向かいました。

その墓所は山の上にあるのですが、山のふもとまではバスです。

沈鬱な気持ちでバスに揺られていて、

「このまま結婚してしまうのかな」

とぼんやり考えていたらいきなりすごい衝撃で私は転けてしまいました。

バスに乗用車が後ろからつっこんで来たのです。

乗客は幸いけが人はなかったのですが、そのままバスを降ろされ、バスの運転手に

「警察いかなあかんから、申し訳ないけど次の乗って」

といわれました。でも次のバスは30後…。

しかたなく、私達は歩いて行く事にしました。

40分くらいでようやく墓所に向かう上り坂が見えました。

そこで私は平坦な道にもかかわらず何かに足をとられまた転んでしまったのです。

捻挫をしたようで、みるみる足が腫れてきました。

ここから上り坂なのにもう歩けそうにありません。

彼は2回もけちがついた事にすっかり気分を悪くし、

「もうやめや、やめや。1人で帰れ」

とそのままいってしまいました。

いつもなら




「がんばって歩くから、待って」

と無理してのぼっていたと思うのですがこの時は「帰ろう」と思いました。

なんとなくこれはおかしいって思ったからです。

今思うとあれが私の人生の分岐点だったようなきがします。

帰りは不思議なほどなんの支障もなくすんなり帰れました。

(足はいたかったですが)

その後かなり彼には付きまとわれましたが、この事がきっかけになって私も決心がつきなんとか別れる事ができました。

その話をある時お坊さんに話しました。すると、

「お墓参りってみんな簡単に考えてるけど、そんな軽い気持ちでいったらあかんねんで。だからこそ自分の御先祖さんのお墓参りも意味があるねん。例えば不倫とかどろどろの恋愛とか、結婚する気のない相手のご先祖さんが眠ってはるお墓に参るのはよくない事や。全部わかってはるんやから。『足留め』くろたんや」

といわれました。

それを聞いて

「ああ、私は彼のお母さんに拒絶されたんだ」

と思いました。

もしくは『こんな息子、やめとき』って思ってくれたのかな、とも思います。

どっちかわかりませんが、これで本当によかったと思ってます。

今はあの頃と考えられないくらい幸せにくらしてます。





 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話 , ,