アクセスランキング

【恐いい話】留守電の声の正体は…

      2018/11/09

ある日家に料理屋さんから覚えもないのに

「予約の時間すぎてるんですけど。何時頃いらっしゃいますか?」

と電話。

「予約してないんですけど」

と言うとお店の人が

「たしかに女の人の声で留守電がはいってましたよ!」

と言われました。

家で女は私1人です。

その店はまだ母が生きている時によくみんなで食事にいった料理屋さんで、まさかと思いつつお店に行って留守電を聞かせてもらいました。




なんと母の声だったんです!!

母が亡くなってから私たちはぱったり料理屋さんには行かなくなっていたので、母がみんなで集まって欲しいと思って天国から電話したんだとそのテープをもらいました。

帰る途中父が

「今日はお母さんの命日だ!」

と気づきさらに納得し、家でもう一度そのテープを聞こうとセットしたのですが、何も録音されていませんでした。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,