アクセスランキング

【恐いい話】生前の記憶…誰かの葬儀

   

洒落にならない話でもないし、怖くもないけど自分が実際に体験したことです。

高校生の時に家を立て直したのですが、それまでは平屋で土間がある様な家でした。

自分は小さい頃、その家で葬儀をやった記憶があります。

玄関の上がり端の横の座敷と奥座敷を仕切るふすまを取り外して、奥座敷の床の間に祭壇を組んで葬儀をやりました。

誰の葬儀だったのかまでは覚えていません。

しかし、中学生ぐらいの時おかしな事に気付いたのです。

私の家では、私が生まれてから誰一人として亡くなっていないのです。

何の話題だったか、家族で私の曾祖父母の話になり、二人とも私が生まれる以前に亡くなっている事を知ったのです。

当時祖母は健在でしたし、祖父は父が子供の頃に亡くなっていると聞かされていたので、私の記憶と食い違います。

そして、祖母にその事を話すと驚いた様に教えてくれました。

実は私の曾祖母は私が生まれる一ヶ月前になくなっていたのです。




その曾祖母の葬儀が、自宅で床の間に祭壇を組んで行われていたのです。

曾祖母は私が生まれるのを、それは

楽しみにしていたそうです。

祖母は

『お腹の中から見てたんだねぇ……。』

と言っていました。

一緒にお腹に入っていた姉(あ私、双子です)も

『そう、そんな記憶があるんだけどさあ……。』

と何となく記憶がある様でした。

おととい、祖母の葬儀を終えて何となく誰かに聞いてもらいたくなりました。




 

 - 超常現象 , , ,