アクセスランキング

【恐いい話】父と子の絆

      2018/09/07

昔昔、テレビでやってたアメリカでの話。

実話らしい。

旦那が速記の仕事してる若い夫婦。

子供が出来、家も買い、幸せに包まれていたが夫が交通事故で死亡。

残されたのは幼い子供と家を買った莫大な借金。

毎日途方に暮れる妻。

家を売ることも考えたが短くも夫との思い出の詰まった物なので売りたくは無かった。

しかしこのままでは生活が出来ない為、売ることを決意したその時

ふと子供を見るとなにやら文字らしき物を書いている。

もちろん文字が書ける歳ではない。

どこかで見たような文字に、ふと夫の仕事仲間であった人にそれを見せると




なんと速記文字だと言う。

内容は

ある銀行名と数字。

その銀行に問い合わせるとなんと生前夫が妻に内緒で貸し金庫を持っていたのだった。

その貸し金庫を開けてみると一通の手紙と1万ドルの現金と生命保険の証書。

手紙には

「愛している妻と子へ 僕に何かのことがあったときの為生命保険に入っておいた。これを読んでいると言うことは僕はすでにこの世にいないかもしれないが二人で幸せに生きるんだよ」

と。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話