アクセスランキング

【恐いい話】火葬後に出てきた一欠けらの…

   

先日母方の祖父が死んだ

祖父は若い頃から山で仕事をしていて、色々な話をしてくれた

通夜の翌日火葬が行われた

若い頃から1日も休まず山仕事をしていた祖父の骨は大変丈夫だったらしく予定の時間より長く火葬したにも係わらず骨は殆んど崩れていなかった

仕方ないので納骨用の箸で割ろうという話になり、始めようとした時に母がある物を見つけた

祖父の遺骨の直ぐ脇に動物の牙の様な骨があったのだ




明らかに人の骨ではないし、前述の通り崩れた骨の破片でもない

参列者も火葬場の人も不思議に思う中、祖母がポツリと

「永いこと山で仕事していたから、山の神様が御使いを下さったんだ」

と言った

普段なら絶対に信じないと思うが、その時は妙に納得できた




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,