アクセスランキング

【恐いい話】最後まで優しい犬

   

前に飼ってた犬の話。

私が高3のときに死んだんだけど、すごく勘が鋭いというか、びっくりするぐらい人間の気持ちの分かる犬だった。

心霊とはちょっと違うかな……。

中学生から高校生まで、私は俗に言う苛められっ子だったんだけど、学校で辛いことがあった日に限って、私が帰ってくると、必ず鎖を外して家の門の所で座って待っててくれた。

いつも外で飼ってたのに、私が部屋で泣いてると(1階だった)、何処からか入ってきてたりした。

その犬が死んだのは、夏休みで、模試の日だった。




行くには行ったけど、やる気の無い受験生だったから(笑)、試験中に居眠りしてたら、犬が夢に出てきて

「ゴメンな」

って言った。

帰ったら、もう死んでた。

夢とは言え、犬が喋るってところが嘘臭いから、偶然だったんだろうね。

でもそのときは、最期まで私のことを心配しててくれたんだなって思った。

たいした話じゃなくて申し訳無い。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,