アクセスランキング

【恐いい話】幼児が生き延びた理由

      2018/07/20

自分の体験ではないのだがアメリカであった実話。

ある冬の夜母親がこども(3歳ぐらい)を乗せて凍結した道を走っててすべってしまい道の側溝のようなところに落ちてしまった。

車の通りも少なく道から死角になっていたため発見されたのは数日後。

夜は氷点下になるため当然二人とも死んでておかしくなかったのだが幸運なことにこどもは後部座席でうずくまって生きていた。




しかもすごい軽装だった。

母親はほぼ即死状態。

こどもが語ったところによると死んでるはずの母親が自分をずっとだっこして暖めてくれていたそうだ。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,