アクセスランキング

【恐いい話】大好きなおばあちゃんに後悔と感謝

   

俺は高校を出てから一人暮らしを始めて、実家にはたまにしか帰りませんでした。

27歳の時、婆ちゃんに電話して、

『1月2日には帰るから。』

と言っていたのですが、1月2日に友達と遊んでいて帰るのがメンドくさくなっていました。

その時、普段旅行なんぞ絶対に行きたがらない友達が、

『どこか旅行でも行きたいねぇ』

等と言うのでびっくりしたんですが、俺の親類に旅館を経営している人がいるので、それを話すと

『いいねぇ!』

ということになり、予約を入れようと思ったんですが、電話番号がわからない。

そうだ!実家の婆ちゃんなら知っている!

そう思った俺は婆ちゃんに、1月2日(今日)は実家に帰らない事と、旅館を経営している親類の電話番号を教えてくれという電話をしました。

婆ちゃんは寂しそうに『帰らないのかい…』

って言っていたので申し訳なく思ったんですが、又今度帰ればいいやぐらいに考えていました。

その日の夜、婆ちゃんは心臓発作で亡くなりました。

最後に会話したのは俺でした。

何日もずっと自分を責めました。




その日に俺が実家に帰っていれば婆ちゃんが亡くなることは無かったかもしれない。

婆ちゃんのつくった『ぜんざい』(おしるこのようなもの)を食べることはもうできない。

葬式が終わって2週間ぐらいした後、夢に婆ちゃんが出てきました。

何も言わず、ニコニコと笑っているだけでした。

1年ぐらい経った後、霊能者の方に見てもらったことがあり、その時、

『あなたにはお婆ちゃんがついている』

と言われました。

『あなたはすぐに無茶な事をしたりするので心配してるわよ』

とも。

散々心配かけた挙句、看取ってあげることもできなかった婆ちゃんがついてくれている。

本当に嬉しかった。

そんな俺も、この前子供が生まれました。

大好きだった婆ちゃんから1字もらいました。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,