アクセスランキング

【恐いい話】同い年の違う県で育って結婚した夫婦の運命的な話

      2017/08/04

聞いてくれ

昨日嫁の家の片付けしててとんでもない事実を発見した

俺 30才

嫁 30才

もうじき結婚2年目 仲良しです

俺は岩手

嫁は岐阜

で25才すぎるまで当然お互いの存在をしる筈もなく生きてきた

出会いは26才当時

バリ島の格安ツアーで一緒になった事

んで昨日まで嫁さんの実家で慶事があったんで有休で行ってたんだ

ついでに実家の納戸を片付けてあげようって事になって

(義母一人暮らしで男でないもんで)

がさごそやってたらお決まりの古いアルバムやらクラス文集やら発掘してぱらぱらめくって眺めたりしてたんだ

そしたらアルバムの中に何故か俺の見覚えのある写真があった




カブスカウトの制服を着たちびっ子達が二列縦隊で行進してる

行進の先頭は俺だ

だってこの写真俺の実家のリビングに昔貼ってあったもん

俺「なんでこの写真がここにあるの?」

嫁「え?だってほら先頭の女の子あたしだもの」

えええええええええええええええええ!!

この写真は俺が確か小3の頃、静岡のどっかで行われたジャンボリー

(ボーイスカウトの大会)に参加した時のものだ

写真に写ってる2列縦隊の先頭で俺と嫁は22年前に既に一緒に手をつないでどっかに向かって歩いていた




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,