アクセスランキング

【恐いい話】偶然の引き合わせ

      2018/10/12

私自身に霊体験チックなものは、残念ながらありません。

最近、ちょっと感じる友達の体験談を仕入れたのでそれを紹介します。

音大出の友人が、大学出たての頃、よく乗っていた京都のバスで、いつも後部座席にカバンを横に置いて座っているマナーの悪い不良っぽい高校生の男の子がいたそうです。

友人は、はっきりとものを言うタイプなので、ある日彼に

「かばん、どけなさいよ。どければ一人座れるでしょ。」

と直接注意をしました。

女性から注意されたことに面食らったその少年は、それがきっかけで彼女に少し惹かれたようです。

彼女が乗ってくるまで今まで通りにカバンで席をふさぎ、彼女のために席をとっておいてくれるようになりました。

毎日、目的地までお互いのことを喋る仲になり、彼が三人兄弟の長男で、弟の方が勉強が好きだし出来るから自分は働いて弟達を大学に行かせるつもりだということを話したそうです。

で、高校卒業後の勤め先が、北関東の某市のスポーツセンターで水泳のコーチとして働く、彼女がいて彼女も連れて行くということまで教えてもらっていました。

まもなく、友人は婚約者と結婚し、少年は、他県へ就職し、それでも連絡は電話で取り合っていました。

ところが、ある日、ぱったりと連絡が来なくなりました。

気にはしていましたが、忙しいんだろうと思い、特に気にもとめずに旦那様が選んだオートキャンプの場所へキャンプしに行ったそうです。

そこは、彼の就職しているスポーツセンターがある某市でした。




その日、キャンプ場は、自分達夫婦の他は1ファミリーだけがキャンプをしていました。

嫌でも話す状態になるので、

「xxスポーツセンターに知り合いが水泳コーチで働いているんですよ。」
という話になったとき、そのもう一つのファミリーがそこのメンバーだと言い、しかも名前を出したらそのコーチとして働いている彼を知っているとのこと。

しかも彼は、数日前、交通事故で亡くなったと聞かされました。

あまりに偶然のめぐり合わせで、彼の死を知った友人は、彼の実家の住所を知っていたので、キャンプの後、お焼香しに行きました。

そして、彼の母親にこんな不思議ないきさつで、息子さんの死亡を知ったと話しました。

自宅に戻って数日すると、彼の母親から手紙が届きました。

『あなたがいらした日にこんなものが仏壇の中に置いてありました。私のものではないのでお忘れになったものと思い、送らせて頂きます。』
と書いてありました。

送られてきたものは、「紅筆」。

彼女曰く、

「確かに私のものなんだけれど、絶対に持って行ってないのよね。」

とのこと。

旦那様は、知っているかどうか知りませんが、実は、彼女は結婚前にその彼とキスくらいはしたらしいです。

偶然なのかもしれませんが、何か、メッセージめいたものを感じなくもないという話。

特に、「紅筆」っていうのが。

「油とり紙」じゃあね…。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,