アクセスランキング

【恐いい話】偶然にしたい祟り

   

普通に怖いと思ったが、知人に話したら

「それはちょっとひどいな……」

と言われた話。

俺の友達が結婚する前、付き合ってまだ間もない頃に突然彼女から

「うちの親戚って、なんかね、祟りか何かあるみたいなんだけど、そういうの気にしないなら結婚して欲しいんだけど」

と言われて、気にしない友達は結婚したわけ。

ところが二年後に嫁の従妹が亡くなって、その一月後に嫁の叔母さんが亡くなって、その数週間後に従弟がが亡くなって、そのすぐ後に伯父さんが亡くなったので、香典貧乏というか、出費がかさんだせいもあって、友達は嫁に冗談で、

「祟りって凄いな」

と言ったそうな。

ところがその数日後にまた従姉が亡くなって、数えたら最初に亡くなった時か三年以内に13人の親類が亡くなっていて、死因は全員交通事故死。

それで流石の親友も偶然にしては多いなと思った時、嫁から

「別れたいなら、別れていいよ」




と言われたけれど、子供が二人いたしそんなつもりは毛頭ないと断ったと言っていた。

しかしその数日後に嫁が交通事故に遭って、幸い命に別状はなかったみたいだが、嫁の頼みで離婚して、それでも今もまだ一緒に住んでるみたい。

実感が湧かないから、俺は友達に

「そりゃ大変だな」

としか言えなかったが、その時親友が言った、

「大変だけど、偶然偶然!」

という言葉が忘れられない。





 

 - 超常現象 , , ,