アクセスランキング

【恐いい話】二人だけの秘密の神社

   

自分の話。

新婚の頃、暇を見つけては嫁とよく山道をドライブしていた。

その日もいつものコースをたどりあと少しで山のトンネルというところで、道路脇にジュースの自販機を見つけ、何気なく休憩したくなった。

丁度車一台止めれるくらいのスペースがあり、そこに車を止め缶コーヒーで一服。

すると、道路からは木々に遮られて見えなかったが、自販機の後ろが空き地になっており、そこに古そうな神社があった。

こんなところに神社があったのかと少し奇妙に思ったが、これも何かの縁と参拝だけして、そのままドライブを続けた。

それ以後も何度かそのコースを通ったが、神社のことは忘れてしまっていた。

何年かして、ある夜嫁の夢にその神社の神様が出てきたそうだ。

とても優しげで、いつも私たち夫婦を見守ってくれているとのこと。

翌朝それを聞いて嬉しく思い、二人でお礼参りに出かけることにした。




久しぶりの山道だったが、何度も通ったコースなので場所ははっきり覚えている。

しかし、神社があったと思しき場所は古い木々が立ち並ぶ山の斜面で、神社や空き地はおろか自販機も車を止めるスペースもない。

周辺を何度も往復して探したが何もない。

仕方ないので、心の中でお礼だけ言って、嫁と二人、首をひねりつつそこを後にした。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,