アクセスランキング

【恐いい話】ウィッグの取り扱い

   

俺は美容師の卵なんですが、皆さん「ウィッグ」って知っているでしょうか。

美容室や、ドラマなんかで良く見る首だけの人形で、練習に使うアレです。

そのウィッグにまつわる、一年ほど前の実体験です。

その頃の俺はウィッグを大切に扱う心など微塵もなく髪を掴んで持ち運んだりなど平気でしていました。

ある日、いつものように自分の部屋でウィッグを相手に練習をしていましたが、どうも上手く行かずに、だんだんイライラしてきました。

「なんで、こんなに下手なんだよ!!」

と独り言を言いながら練習をするのも止め、タバコを吸いながら何となくウィッグの顔の部分に霧吹きで水をかけて遊んでいました。

ウィッグの顔がどんどん濡れていくのを見ているうちに、雫のせいかもしれませんが泣いているような気がしてきたんです。

本当にいつもと顔が違うような…。

暫く眺めて居たんですが、どう見たっていつもの表情じゃなくどこか悲しそうな…。

切ない表情をしていました。

急に罪悪感を感じるようになり、ウィッグのケアをしようと風呂場へ向かいました。

丹念にシャンプーとリンスをしてあげて、汚れてる部分を拭いてあげました。

部屋に戻って、再度練習を始めたんですが、俺の部屋の練習台の向かいには窓があって、雨戸を閉めない限り鏡の役割をします。

俺はいつもそこを見て、自分のいけないところを探したりしていました。

その日も、同じように窓を見て、自分のおかしいところを探そうとしたんですが、ふとおかしいことに気がつきました。




ウィッグが明らかに笑っていたんです。

嬉しそうにニコニコしていました。

一瞬本当に驚いて、直にウィッグの顔を見ましたが、いつも通り無表情。

きっと、その頃の俺も心の底では、ウィッグに対する愛着心があったんだと思います。

そのせいか、別に怖くはありませんでした。

むしろ今までの自分の扱いの酷さに罪悪感を感じました。

少し下を向きながら心の中で謝りました。

再び窓を見ても、今度はいつも通り同じ表情。

その日から、人形だってお客さんなんだと改心し、ウィッグの扱いも改めました。





 

 - 超常現象 , , ,