アクセスランキング

【恐いい話】みんなを導いてくれる

   

先輩の話。

大学生の時、部活で冬山登山に参加した時のこと。

避難小屋の近くで厳しい吹雪となり道に迷ったのだという。

皆はもう生きた心地もせず、雪中で強引に野営するかどうか決めかねていた。

その時、誰かが道の先でライトを振るのが見えた。

先輩たちが声を上げて手を振り返すと、まるでついて来いというように歩き始めた。

助かったとばかりに後を追った。

いくら足を速めても、なぜか先導の人影には追いつけなかった。

女子の一人が奇妙なことに気がついた。




雪の上には、その人影の歩いた跡が残されていなかったのだ。

皆が黙りこくっていると、やがて小さいが明かりが見えてきた。

避難小屋の明かりだった。

先導していた影は、いつの間にか消えていた。

その人影がそこで遭難した人のものかどうかは分からなかったが、後日先輩たちはルート途中にあった遭難者慰霊碑に献花しに行ったのだそうだ。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,