アクセスランキング

【恐いい話】ずぶ濡れのチーは夢の中で

   

私がまだ5歳くらいのころ、お祖母ちゃん家で飼っていた犬(チー)が死んだ。

途中ジステンバーにかかり下半身不随になりながらも20年生きた。

最期は眠るように死んだらしいです。

お祖母ちゃんはとても大切にして可愛がっていたから、とても悲しがっていたのを今でも覚えている。

チーの死骸は裏の庭に埋めたんだそうだ。

お墓の傍にはお花と、大好きだったミカンを供えていたそうだ(正確にはミカンの皮が好きだったw)

そして何ヶ月か過ぎて、悲しみも徐々に薄らぎ、日常に戻ろうとしていたときのことだそうだ。

お祖母ちゃんが眠っていた時のこと、その日はいつもと違った夢を見たそうな。

なんでも、お祖母ちゃんが家の中で家事をしていたときのこと、なんとその犬が玄関の戸をガラガラ、と開けて帰ってきたのだ。

吃驚してお祖母ちゃんが駆け寄ってみると、チーは全身びしょ濡れだった。

外を見てみても雨が降っているわけではない。

そんなチーはじっとお祖母ちゃんを見つめていたとか。




そこで目を覚ましたお祖母ちゃんは、折角だから久しぶりに墓参りにでもいこう、と思い、花を持って裏庭に出かけた。

お祖母ちゃんは墓の前まで来て、

「おや?」

と思った。

風か何かで倒されたのか、花瓶が倒れているではないか。

しかもよく見ると、倒れた花瓶が丁度、チーを埋めた場所に転がっているのだ。

中に入っていた水も全て、その土の中に染みこんでいるらしかった。

きっとチーは、この事を伝えたくて夢の中に出てきたんだろうねぇ、冷たい水で濡れて気持ち悪かったんだろうねぇ

と後にお祖母ちゃんは語ってくれました。




 

 - 超常現象 ,