アクセスランキング

【怨念】しがみつく女

      2016/05/04

これは自分が体験した実話です。

もうかれこれ20年ほど前の出来事なのですが、用事で池袋へ出かけ家に帰ろうとパルコの前を歩いていました。

自分はけっこう下を向いて歩く癖があるのですが、向かいから人が来たのでフッと目線を上げました。




その瞬間自分は金縛りにあってしまい、その人から目線をはずせなくなってしまいました。

その人は、スーツ姿の20台後半位のサラリーマン風の人だったのですが

肩の所に額から血を流したすごい形相の女の人がしがみついていたのです。

そのサラリーマン風の男の人は自分に

「なに人の顔じっと見てんだよ」

といわんばかりにガンをつけ通り過ぎていきました。

どうしても気になってしまいそっと後ろをふりかえってみると、

血だらけの女は肩にしがみついたまま、首だけ後ろを振り返っていて、しっかりと目が合ってしまいしばらくの間、自分はその場所から動くことが出来ませんでした。

そしてその夜…

布団に入りうとうととしかけた時に彼女はやってきました。

何の前触れもなく自分の部屋の天井一面の大きさで、あの血だらけの顔で…。

そして低い声で

「あいつにだまされた」

「くやしい」

と訴えてきました。

自分はもう目をつぶり夜が明けるのをずっと待ってました。

ちなみにその後は一回も来てないです。





 

 - 怖い話/怪談 , , ,