アクセスランキング

【怖い話】黒猫の祟り

      2018/03/16

懺悔の意味も込めて書こうと思う。

今から5年くらい前の話。

その頃、原チャリで通勤してたんだわ。

で、自宅から200mぐらい離れた場所を走ってたらタイヤから「ゴリッ」てイヤ~な感触…

結構大きな黒猫をひいてしまった。

「あー(T_T)やっちまった」

って感じで見ると、後ろ足が胴体から「ブチッ」て取れてるし・・・

心の中で

「ゴメンヨー黒猫さん。ゆるしてー」

と謝った。

その翌週の出来事

朝から雨が降っていたので電車通勤。

帰宅途中、時間は夜11時ちょっと過ぎかな、ちょうど、黒猫をひいてしてしまった付近で突然、踵に

「コツン」「コツン」




と何かがあたるので足元を見ると、雨に濡れた真っ黒な子猫が…

かまわず、スタスタと歩いていくとまた

「コツン」「コツン」

追いかけて体当たりしてくる。

ひいてしまった猫も同じような黒猫だったしスッゲー怖くて、気味悪いので走って逃げた。

少しして後ろを振り返ると子猫が必死で走って追いかけて来るんだよ~

とりあえず、無事帰宅したけど黒猫の祟りかと思うと怖くて寝れなかった。

その後、何事もなく黒猫の事も忘れ掛けていた頃、例の原チャリで事故を起こしてしまった。

交差点で信号待ち。青になったので前方確認後、発車したら、目の前はイキナリ車の横っ腹。

対向車線から右折してきた車の側面に思いっきり突っ込んで、慣性(?)で俺10mぐらい空を飛びました。

膝⇒肩⇒頭と地面にぶつけ、道路の真ん中で倒れていた時に俺が見たもの…

路肩に「おすわり」してこっちを凝視してる黒猫。

やっぱりタタリかね?




 

 - 怖い話/怪談 , , ,