アクセスランキング

【怖い話】馴染みの店長の声

   

職場の先輩から聞いた話。

先輩(以下Tさん)が高校生の頃、近所にあった顔なじみのペットショップに、当時飼っていた犬の大好物のドッグフードを買いに行ったときのこと。

Tさんは向かう直前にペットショップに電話をし、そのドッグフードがまだ店頭にあるかを確かめたうえで向かったという。

さて、そこに着いてみると、なんとシャッターが閉まっている。

臨時休業か?と思ったがさっきの電話では、

『じゃ、Tくん、待ってるからね』

とおなじみの店長の声を聞いたばかり。

おかしいと思いながらTさんがシャッターの前に立っていると、たまたまジョギングしていたおじさんが声をかけてきたそうだ。

『どうしたの?』

と聞かれ、

『いや、さっきここに電話して、今着いたんですけどなぜかシャッターが閉まってるんですよ』

するとおじさんは、




『あれ?ここ10日以上シャッター閉まったままだよ?店長さん電話とったの?人のいる様子はなかったんだけどなぁ』

と言われTさんはえっ?と思った。

が、よく考えてみると本当に人のいる気配がない。

いろんな動物の鳴き声がするはずのペットショップから音が全く聞こえてこないのだ。

ただならぬものを感じた二人は警察に通報した。

すぐにパトカーと救急車が到着し、裏口の鍵をこじ開けて中に入っていったそうだ。

するとなんと中には、鈍器のようなもので頭を割られ息絶ええている店長と、胸に包丁が突き立てられた奥さんと娘の遺体、さらにそれ以降世話されなかった動物たちの死体がものすごい異臭を放ち、まさに地獄絵図だったらしい。

検死の結果、死後2週間ほど経っており、おそらく強盗に襲われ殺されたのではないかということらしい。

それを警察から聞かされて激しく鬱になったそうだ。

最後にTさんは独り言のようにつぶやいた。

『もしかしたら、店長は俺に早く見つけてほしくて“待ってるからね”って言ったのかな』と。

残念ながら、犯人は未だに捕まっていないそうだ。




 

 - 怖い話/怪談 , , ,