アクセスランキング

【怖い話】霊道…ついにお前まで

   

知人から聞いた、10年くらい前のエピソード。

彼が会社の寮の一室で、友達の山田さん(仮名)と話をしていると下着姿の同僚が、真っ青な顔をして飛び込んできて

「つ、ついに俺も見ちゃったよ…!!!」

と叫んだ事があったらしい。

その同僚は、着替えようとしていたら

血だらけの鎧武者が突然部屋に現われた

と言う。

それを聞いた二人の反応が

「とうとうお前まで…」

実はこの寮というのが、怪現象が起こりまくり

住んでいる人間のほとんどが、幽霊(らしきもの)を見た事があるという建物だった。

時々、どこかの部屋から叫び声が聞こえてもまた出たか、くらいでみんな驚かなかったとか。

でも今回飛び込んできた同僚というのが、普段鈍感…というか霊感が無いので有名な人で、アイツだけは幽霊を見ないだろう、と言われていた人物だったわけ。

山田さんというのは、それとは反対に霊感があって、みんなにちょっと頼りにされていた。

その場は山田さんがなだめて、なんとかおさまったけど結局その寮は除霊などをする事もなく、老朽化を原因に取り壊されるまで、そこに建っていたらしい。

山田さんいわく、その寮があった場所はとても太い霊の通り道にぶつかっていて建物の中を、霊がバンバン通り抜けていたんだと。

除霊なんて、どうやっても無理な状況だったらしい。

つい最近、この会社は潰れてしまいました。

 

 - 怖い話/怪談 , , ,