アクセスランキング

【怖い話】霊的怪現象で心休まらない家

   

実家に住んでいたころの話なんですが、その家の話。

その家は、怪現象が多くて自分が体験した事を書きますね。

まずラップ音(というのかな?)が多かったです。

子供が走り回るような音や、はじけるような音、なにか重いものが落ちたような音。

常に誰かに見られているような、落ち着かない感じなど…。

まあこの程度なら、その辺にころがってる話ですね。

あと自分の部屋の押入れが10cmほどいつも開くんですよ、閉めても閉めても。

学校から帰ってくると開いてるから閉める、だけどまた次ぎの日には開いてる…。

自分はまだ小さかったので(小学1年)母親が自分の居ないときに、開けてしっかり閉め忘れてるんだろうと思っていましたが、あまりにも毎日開くの一応家族全員に聞いたところ、部屋にはいってもいないという答え。

そのあとつっかえ棒するまで開き続けました。

自室の大掃除をしようと姿見の鏡をベットのしたから(邪魔なので片付けてた)だしたら、真っ白になるほど埃が積もっていて、そこに小さな手形足形が所狭しとベタベタと…。

驚いてすぐふき取りましたが。

ちなみに家にはそんな小さな子はいません。

あと引き出しから手が出てきてつかまれそうになったりとか。

鏡越しにいる筈もない人を見たり、心休まる家じゃなかったです。




住んでいたときは、なんかマヒしてました。

一人で一晩過ごしたこともあるし。

子供だったから他にいくとこないし。

今考えるともう住みたくないですね。

家族はまだ住んでるけど…。

友達の友達が以前近所に短期間ですが住んでいたらしくて、その家でも怪現象あったらしいです。

霊能者よんでお祓いしてもらおうとみて貰ったら、ここら一帯の土地は、霊界と通じてるので引っ越せといわれて引越したらしいし…。

そういう土地なんでしょうね。

怖いことには事欠かなかったです。

(嫌過ぎる…)

近くには心霊スポットもあったし…。




 

 - 怖い話/怪談