アクセスランキング

【怖い話】電灯の下

   

俺の昔の話です。

当時まだ若かった俺は、夜遊びが好きで毎日のように1時2時まで外で友人と遊んでいました。

その日もいつも遊ぶ場所で友人のTと夜更けまで遊んでいました。

いつもなら2時くらいには家に帰るのですが、その日は1時30分ぐらいから近くにコンビニに行ったため3時前でもまだ遊んでいました。

場所はゲーセンの近く、12時にはゲーセンが閉まり、その後いつも2時くらいまで遊ぶのが日課。

その日はコンビニにいったため3時前

「そろそろ帰るか」

「そうやなー」

といっても別に帰っても寝るだけ…。

なぜか夜更けになればなるほど話しに華が咲き、時計をみると2時58分。

「あ~マジで帰るわ」

そういって友人はそそくさと車に乗り帰りました。

僕は車に乗る前にタバコを吸いながらぼ~っとしてました。

横には電灯が光り虫がブンブン…

その時、3時を回ってすこし…5分くらいたったのかな?

電灯が消えました。

俺の周りでは、この時間に電灯が消えるのは珍しいことではないので、別に驚きはしなかったけど、恐怖はその時に俺に襲い掛かりました。

消えてすこし青くなってる電灯の下に髪の長い女の人らしき影があるのです!

電灯までは2mくらいしかなく、ずっと俺一人しかいなかったはずなのに、電灯が消えるとともにその影は現れたのです。

俺はさすがに

「な!!う…ううう…うわ…」

と声をあげいそいで車に乗り込みその場を離れました。

ライトで照らした電灯の下には一瞬だけ女の影が映りすぐ消えました。

アレはなんだってのでしょう?

俺と友人をずっと見てたのでしょうか?

俺が一人になってから来たのでしょうか?

そのことがあってからあの場所には行ってません。

何人かにこのことを話したのですが、関係ありそうな話は結局一つもきけませんでした、ただ今も電気を消す瞬間は……恐怖…ですね。

 

 - 怖い話/怪談 ,