アクセスランキング

【怖い話】電気をつけなくて

   

ある女性が大学の寮に入っていました。

ある日、パーティーの帰りで、帰ってくるのが遅れた彼女は、次の日テストがあるので勉強しなきゃと思いながら部屋に戻ってきました。

しかし、時間も遅いので部屋の電気が消えています。

「ルームメイトがもう寝ちゃったんだな、明かりつけて起こすのも悪いからもう寝ちゃおう」

と思いながら、彼女はベッドに入り、そのまま寝てしまいました。

朝になり、彼女は目を覚ましました。

「なんだろこの変な匂い…」

横のベッドに寝ているルームメイトに話し掛けようとして、彼女は悲鳴をあげました。

ルームメイトは無残な姿になって死んでいるのです。

ナイフで何回か刺されたようです。ベッドが血まみれ…・

悲鳴を聞き、他の人達が部屋にかけてきました。

「どうしたの?」

「何この匂い!?」

「今の悲鳴は何!?」

「きゃあああああああっ!!!!何コレ!!!!!!!」

「死んでる!!??」

混乱の中、一人の女の子が震えた声で壁を指差します。

「…何それ…」

壁にくっきりと血で書いてあるんです。

「電気をつけなくてよかったね…」

 

 - 猟奇的な話 , ,