アクセスランキング

【怖い話】遺品整理のバイトは理性と持ち主との戦い

      2017/01/27

特殊清掃の仕事をしていた時期があって、死人の出た部屋やペットの死体処理からゴミ屋敷の撤去までやる仕事は様々だった。

死人の出た部屋とゴミ屋敷に関しては依頼人がそこでまた住もうとしたり中の家具や物を使おうとはしないものだから、家の中を空にする残置物撤去も合わせて受注することが殆どだった。

自分のいた会社は契約書上はその中にある物の所有権が全て法人に委譲されるから、いざ作業を始めると必ずと言っていいほど出てくるお金や貴金属はお客に返す必要がない。

会社の社長は処分費用でお金を頂く分思い出の品やお金は返したいという考えがあったから営業担当や作業員にもその教えを徹底はしたけれど、実際に現場に出る作業員達は大体見つけた物は自分のポケットに入れるようだった。

自分も200万円を見つけたことがあったけれど、欲を理性で押し込めるのは本当に大変なことだった。

休日に営業担当から電話があり、市内の首吊り自殺があった2階建住宅の特殊清掃と残置物撤去の依頼が入ったと伝えられた

その時自分は作業員兼事務員として2年程働いていたから現場責任者として今回の現場に当たってくれとのことだった。

ゴミの量や状況を確認すると大体作業員4名と3日あれば出来ると分かりそれを伝えると、日取りを決めた。

老人の一人暮らしで、生活費がなくなり身内にお金の無心も辛かった故の自殺だったらしくて、それを聞いて少し悲しくなったけれど作業員も気心の知れた40代の先輩やよく外注を依頼するアルバイトのおじいさんだったから安心して計画を立てることが出来た

作業初日に物件内に入ってみると死臭はあまりなかった。

営業担当が見積もりの時に窓を開けておいてくれていたようだった

中の家具や生活用品も電話で聞いていた通りで、そのまま2階の自殺死体があった部屋に入った

他の部屋に比べるとやっぱり死臭はあったけれど、それでも我慢出来ない臭いではなかった

床を見るとドアの内側の直ぐ下に黒とも茶色とも言えないシミが出来ていて、ドアの上辺には紐のすれた後があった。

ドアのノブはひん曲がっていて、どうやって自殺したのかが容易に想像出来て物悲しかった。

他の作業員の方も入ってきて、

「首吊りしたな」

だとか言っていたけれど、手馴れた様子で使う洗剤を選び始めていた。

二日目は特に問題なく進み、先輩が件のシミを薬品で落としたり消臭作業をしている間に他の方と残置物を運び出してはトラックに積めていった。

三日目の午前中には殆どの作業が終わっていた。

庭の広いお家だったことと塀に囲まれていたこともあって、お昼はそこで食べようということになり先輩ともう一人が普通車でコンビニへ買出しに向かった。

外注のおじいさんと二人でのんびりお茶を飲みながら話していると、10分後位に突然おじいさんの顔色が段々悪くなり始めた。

顔面蒼白で脂汗を流し始めた辺りで背中を擦ってあげたけれどそのまま吐いてしまい、ぐううと唸り始めた。

「病院にいきますか」

と声を掛けても返事がなくとにかく唸り続けていて、救急車を呼ぼうと携帯を出したらまたおじいさんがげえ、げえとえずき始めた

少しパニックになったけれど、背中をトントン叩いて

「吐いたほうがいいですよ」

みたいに声をかけていたらおじいさんの口が目に付き手を止めてしまった。

口からは何かが出掛かっているようで浅黒い物が見え隠れしていた

おじいさんがえずく度に少しずつそれが出てきて、何回か繰り返していくうちにそれが何か分かった。

それはロープだった

全て出し切る頃には自分は傍で立ってロープを眺めていることしか出来なかった。

50cmはあるロープで先がぼそぼそになっていて途中で千切れているようだった。

どうなったらお腹の中にそんな物が入るのか自分には訳が分からなかった

大丈夫ですか?

と声を掛けてもおじいさんは

知らない知らない

と脂汗を垂らしながら俯いていた。

それから直ぐ普通車が戻ってきたので慌てて先輩を呼びにいくと、走って様子を見に行ってくれた

後からついていくと先輩は吐き出されたロープを眺めており、少し黙ってからおじいさんの方を向いて言った

「なんかとったべ」

おじいさんはぎょっとしたような顔をしたけれど返事はしなかった

先輩は自分におじいさんのポッケを探れと指示して先輩はおじいさんの鞄を弄っていた

少し手で追いやられたけど負けじと探っていたら胸ポケットに何か固い物が入っていた

出してみると今は使われていない聖徳太子の1万円札が数枚と指輪やネックレスが入っていた

先輩がおじいさんの胸倉を掴んで

「窃盗だぞお前」

と言い、お前もう帰れ二度とくるなっていう感じで鞄と一緒に押しやった。

おじいさんは青い顔のまま歩いていき堀の向こうに見えなくなった

作業が終了して事務所に戻ると、先輩が社長に出てきた胸ポケットから出てきた物を渡して事情を説明していた

ロープのくだりは説明していなかった様子だったので自分も言わないでおこうと決めた

社長は直ぐお客に電話をかけてあった物を伝えて届けに出かけた

それから今回のことを色々想像したけれど200万円を盗まなくてよかったと思った

とりあえずこれで特殊清掃の話終わり

長文ばっかりでごめん

 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,