アクセスランキング

【怖い話】遮断機の音とお経

   

彼女の携帯の留守電

会社からの帰宅途中、私の彼女から携帯に電話がかかって来ました

「変な留守電が入っていたの。聞いてみて」

おもむろに彼女は留守電を再生します。

「カーン・カーン・カーン・カーン」

踏切の遮断機が鳴っているような音です。

その音が延々と1分位続いてます。

携帯電話で留守電を聞いてるので音が不鮮明です。

「なにこれ?ちょっと音悪くてよくわかんないや。」

気味悪がっている様子なので、とりあえず私は彼女の家に寄ることにしました。

彼女の家まで後少し、という所でまた電話がかかってきました。

消えた留守電

私「はい?」

彼女「こないで」

私「え?」

彼女「やっぱりいいの。こないで」

私「いや、もうおまえの家に着くから、行くよ」

電話を切ると、丁度彼女の家の前です。

チャイムも鳴らさずにドアを開けると彼女はちょっと呆然としていた様子でした。

私「どした?」

彼女「留守電…消えちゃった」

私「えぇ~。」

彼女「いや、消去とか何もしてないの。また聞いて見ようっておもって再生したら消えちゃってた…」

なんじゃそりゃと思いつつも、彼女はまだ気にしているので、落ち着くまで一緒にいました。

自宅の留守電

次の日の仕事が早いので私は彼女に別れをつげ家に帰りました。

で、私が自宅に帰りつくと留守電のランプがチカチカ…ちょっと嫌な予感がしながらも再生を開始しました。

「カーン・カーン・カーン…」

先ほど電話ごしに聞いた踏切の遮断機の音です…心臓が口から飛び出そうになりました。

恐怖のあまり固まっていると…

「あはは♪ごめんねぇ。驚いたぁ?」

彼女の声です。

一杯食わされました。

こういういたずらをたまにしてくるんです。

消えた遮断機の音とお経

ちょっと頭に来た私は彼女に怒りの電話を。

私「おまえマジでびびったぞ!!」

彼女「いや~ちょっと驚かそうと思ってね」

私「どっから踏切の音なんて持ってきたの?」

彼女「ん?踏切?」

私「…」

彼女「私使ったのお経のテープだよ…」

私「またネタかよ。カーン・カーンっていってただろ?」

私は留守電をまた再生しました。

そこには踏切の音ではなく確かにお経が…

私の聞いた踏切の音は何だったのでしょうか?

ちなみに彼女は私がネタを作っていると今でも思ってます。

 

 - 怖い話/怪談 ,