アクセスランキング

【怖い話】運転手が助手席に…

   

昨日の話を。

昼ごろ学校に行く時、信号待ちをしていると対向車線に小型トラックがいた。

運ちゃんは助手席に向かって話し掛けていた。

とても楽しそうに。

笑いを交えながら。

親友や彼女とでも話すように。

…誰もいねーのに。

しばらく凝視してしまい、後続にクラクションを鳴らされるまで動けなかった。

オレには見えない何かが乗っていたにしても、単に公道を電波な方が走っていたんだとしても、目の前に起こっている光景を脳が処理しきれず、シャレにならない怖さだった。

 

 - 怖い話/怪談 ,