アクセスランキング

【怖い話】通学途中のトンネル

      2016/05/21

この話は、あくまでも噂の話です。

ある中学校に通っている男の子がいました。

その中学校へ行く途中には、古いトンネルがありました。

その子はいつも違う道を通るのですが、その日は学校に遅刻してしまうからと言って自転車で、家から学校までの近道となるその道を通る事にしました。

そしてトンネルの近くまできました。

その子は、

「ああ、あそこ気味が悪いんだよな…」

と思いつつ仕方なく入る事にしました。

そのトンネルは地面が今の様なコンクリートではなくジャリ(石など)がしきつめられていました。

男の子がトンネルの中へ入りました。

するとトンネルの真ん中あたりまで来た所でしょうか…。

急に自転車のペダルが重くなりました。

「え?なんで…。」

と思っている内にもどんどん重くなりました。

その子は、思いきりペダルをこぎました。

それと同時に地面の小石が飛びました。

カシャンッ!!…

何か倒れたような音がしましたが気にしないで学校に行く事にしました。

そして、その帰り、部活ですっかり遅くなってしまい、帰りもそのトンネルを通っていく事にしました。

「そういえば何で朝ペダルがおもくなったんだろう?」

と思いましたが、気にせず自転車を走らせました。

そして、トンネルの中へ入りました。

すると今度は、何もなく普通に自転車を走らせていました。

でも何か音が聞こえます。

変だなとは思いましたが気にしないで走らせます。

「オギャア」

自分のすぐ後ろで声がしました。

男の子は、恐る恐る後ろを振り返りました。

するとそこには血まみれの赤ちゃんが背中に張り付いていたのです。

「うわああああああああっっ!!」

と叫んで男の子は自転車ごと倒れてしまいました。

そして目をやったそこには慰霊碑がありました。

それに供えてある缶ジュースがたおれてあったのです。

男の子はそれをなおして沢山謝りました。

いつの間にかその赤ちゃんは消えていたそうです。

その子は大急ぎで家へ帰りました。

お姉ちゃんが言いました。

「ねえ、それどうしたの?」

といわれ、え?と思い服を脱ぎました。

すると、ちょうど背中の部分のところに赤い小さな手形がべたべたとたくさんついていました。

後から聞いた話では、そこは戦争時代防空ごうで沢山の人が死んでいったそうです。

その中でも飢えで死んでいく赤ちゃんがたえなかったそうです。

あくまでも、聞いた噂話です。

 

 - 怖い話/怪談 ,