アクセスランキング

【怖い話】誰か通りがかるのを待っている沼

   

知り合いの話。

彼が小さい頃、村外れの山に小さな沼があった。

普段からそこで遊んではいけないと、しつこく注意されていたという。

ある時、その沼で子どもが溺れたことがあった。

幸い通りがかった大人に助けられたのだが、助けられた子は奇妙なことを口にした。

沼の近くを歩いていると、誰かに名前を呼ばれた。

見てみると、沼の上に綺麗な女性がいて、自分を手招きをしていた。

気がついたら溺れていて、おじさんに助けてもらったのだと。

助けた男性が、これまた不気味なことを言う。




溺れている子を抱きかかえた時

濁った水中で彼の足をつかんでいる者がいた。

必死でその手を引き剥がし、岸に向かったのだと。

前々からその沼では子どもの水難事故が多発しており、これはもう埋めてしまおうということに決まったのだという。

いざ埋め立てる当日になって、集まった男衆は皆驚いた。

沼が一晩のうちに枯れてなくなっていたのだ。

濁った黒い水が、底の方にわずかばかり残されていた。

沼のあった場所は、現在は土が入れられて草むらとなっている。

ひょっとしたら、あの沼は今でもどこかの山の中で、誰か通りがかるのを待っているのかもしれない。

村ではそう言われているのだそうだ。





 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,