アクセスランキング

【怖い話】詳細不明の怪しいバイト…次々と出てくる骨、骨、骨。

   

俺はある大学に6年いたんだが、これはその5年目の話。
授業はほとんどなくてね。
就職活動が嫌でダラダラしてたんだが、ずっと金欠なのにはまいった。バイトはしてたよ。
便利屋の下請けみたいなこと。

そこの便利屋は退職したジイサン3人でやってたんだが、体力のいる仕事の場合は、俺を含め、つてのある大学生に回してきた。
不定期だったが時間だけはあった。
で、そのときのバイトというのが、ある田舎家の清掃だったんだ。
それと池さらい。
これがすごいバイト料がよくて、2日間で5万。

ちょっと考えられないような額だろ。

このときに少し疑ってかかればよかったんだが…
メンバーは俺を含め3人、それと便利屋のジイサンが一人監督でついてきた。
その人がハイエースを3時間運転して現地まで行ったんだよ。
時期は8月の終わりで、大学はまだ夏休み中だった。

着いた先は、まあ簡単にいえば廃村だな。
過疎が進んで人の住まなくなった村。
住所は言うのはひかえておくよ。
廃村といっても、実際は年寄りが何世帯かはいたみたいだった。
話をする機会とかはなかったがね。
その村の小高い丘の上にある典型的な豪農の屋敷。
世が世なら庄屋とか名主の家柄なんだろう。
平屋だが20部屋近くあった。
庭も広くてな。
手入れされてない植木が雑草に埋まってたよ。

9時に向そこに着いて、まず最初にやったのが池さらいだった。
家の縁側にそってくの字に曲がった池があったんだ。
水は緑色に濁ってて、生き物が住めそうには見えなかったな。
ジイサンは、

「ここは水抜き穴もあるし、ポンプも持ってきてるけど、このままだと詰まってしまってどうにもならないから、これで大きなゴミをさらい出して」

そう言って、かなり頑丈な柄つきの網を3本取り出した。
それで、さらったゴミは木箱に詰めて持ち帰るっていう。
ジイサンの一人が、夕方頃に木箱を別の車に積んで持ってくるってことだったんで、それまでさらったものは、池の脇の草の上に積み上げておくことにした。

でな、2人と1人にわかれて両端から池をさらい始めると、上がってくるのは全部骨だったんだよ。
犬といっても、大型犬はなかった。
小型犬やら猫、あるいはイタチとか山の野生の動物の骨。
まあ俺にその区別がつくわけじゃないが、頭蓋骨の形で人間のものでないことはわかった。
1回網を入れると、ずっしりという感じで藻で緑に染まった骨が上がってくるんだ。
それをザラザラと池の脇に積み上げていく。
まだ暑い時期だったから大汗をかいたよ。
骨はいくらでも出てきたんだ。

何十体、いや百体近い小動物の死骸が投げ込まれてたってことだな。
これをさらうだけで、コンビニ弁当の昼飯をはさんで4時間はかかった。

ある程度までさらったところで、水抜き栓を開け、さらにポンプを使って水を草むらに流した。
底が見えてきたが、泥がたまってて、その中にも何本も大小の骨が沈んでたな。
そういうのも泥と一緒に全部拾い上げてるうち、2台めのハイエースが大きな木箱を2つ持ってきた。
それにさらった骨を入れてると、さすがにあたりが暗くなってきた。
この日は泊まりだったんだよ。
昼よりは少し豪華なコンビニ弁当が配られて、それが夕飯。
その後は屋敷の一番庭に近い部屋に入って俺たち3人が泊まる。
ジイサンら2人はそれぞれ車で帰ることになってた。
夜の間に、さらった池に水を入れるって言ってたな。

その部屋は掃除されてなおらず、まずホコリをぬぐって寝場所を確保するところから始めた。
布団はなしで、それぞれ1枚ずつタオルケットを渡されただけ。
それで寒いということはないし、むしろ暑いので雨戸はもちろん、ガラス戸も少しずつ開けてた。
蚊が嫌だったし、蚊取り線香も渡されていたが、これがほとんどいなかったんだ。
電気はついたけどテレビがあるわけでなし、ラジオも持っては来てない。
これもジイサンたちから差し入れのウイスキーを飲みながら雑談してたが、10時ころには半ば腐った畳の上に寝た。
昼の作業で、体が疲れきっていたんだよ。
バイトは数々やったが、その池さらいはかなりの重労働だったんだな。
でな、部屋の電気を消したとたん、

ギィー、ギィー

という音が頭の上から聞こえてきた。
屋敷は広いけど平屋だから、上階からの音じゃない。

「なんだよこれ。うるせえな」

仲間の一人が言った。

「家鳴りだろ、でなきゃ屋根の上に野生動物がいるとか」

「家鳴りって、さっきまで聞こえてなかっただろ。風もないし」

「猫がさかる季節じゃないけど、俺らの知らない山の動物かもしれん」
「赤ん坊の泣き声みたいで気味わりいな」

こんなことを言い合ったのを覚えてる。
けど、その音は5分ほど続いてやんだんだ。
それと同時に、俺はことっと寝入ってしまった。

それから何時間ぐらいたったか、仲間の

「うわーっ」

という叫び声で目が覚めた。
そしてすぐ電気がついた。

「なんだよ。何かあったのか」

俺が立ってるやつに声をかけると、

「今、顔の上を何か踏んでった。小さいものだ」

こう言った。

「あー、やっぱ戸を開けてるから動物が入りこんだのか」

「いや、動物…そうかもしらんけど、どうもなあ…」

そいつは何だか煮え切らない返事をした。
部屋の中を見渡しても何かがいる様子はなかった。

その部屋から他へ通じるふすまは閉めてあったし、もし動物が入ってきたとしても、またガラス戸から出たのか、でなきゃそいつが寝ぼけただけだと思った。
時計を見ると4時だったんで

「もうすぐ夜が明けるし、暑くないから戸を閉めて寝るぞ」

で、また俺は吸い込まれるように寝てしまったんだ。

次に目が覚めたのは8時過ぎで、仲間は2人とも起きてて、縁側から庭の池を見ていた。

俺が起きていくと、池の水が3分の1ほどたまってた。
便利屋のジイサンの一人が来てて、車から小ぶりの箱を持ってきた。
何をするんだろうと思ってたら、箱の中から金色の仏像、15cmくらいの小さなものだったが、それを3体、池の水の入った底に間隔が均等になるようにして立てたんだ。

「あれ見ろよ」

仲間が池の底を指差した。澄んだ水の底に、小さな足跡のようなのがいくつもあった。

人間の、赤ん坊の足跡のように思えた。

朝飯のおにぎりと牛乳をジイサンからもらって、その日の仕事を聞いた。
家の中の拭き掃除ってことで見取り図を渡された。
部屋数を考えて俺らはげんなりしたよ。
ただし、トイレや風呂、その他にも掃除しなくてもいい部屋もあって、そこには入るなってことだった。
雑巾とバケツを渡され、雑巾は汚れきったら捨ててもいいと言われた。それと奇妙なことだが、バケツの水は池から汲めって言われたんだ。言われたとおりにしたよ。

一人が6部屋の担当で、ホコリのせいで雑巾はすぐダメになった。
バケツの水もすぐに真っ黒になって、何度も草むらに捨て、池から汲みなおした。
そんなこんなで、昼飯をはさんで全部終わったのが3時過ぎだったな。
それからジイサンのハイエースに乗って、大学のある街に帰ったわけだ。
着いたら6時過ぎてて、ジイサンは

「あんたら頑張ったから、色つけてある」

そう言ってバイト料の封筒を渡してよこした。中を見ると6万入ってた。
2日で6万は、かなり疲れたがたしかに割はいい。だけど何か釈然としないものがあったんだ。
それで、ジイサンが帰ってから3人で近くのファミレスに入った。
金があるんでステーキを注文して、いろいろ話した。
夜中に叫んだやつは

「俺の顔の上を通ってたのは、赤ん坊じゃないかと思う」

「だってよう、動物なら毛があるだろ。それがすべすべしてたし、なんかミルクのにおいもした」

もう一人も

「あの池さらい変だよな。何であんな動物の骨が入ってるわけ?それと…これは違うかもしれないけど、形の残ってる頭蓋骨は犬猫のものだろうけど、くしゃっとつぶれたやつの中に、人間の赤ちゃんじゃないかと思えるのがいくつかあった。それにジイサンが池に沈めた仏像はありゃ何なんだ?変すぎるだろ」

それから3人でいろいろ考えたが、はっきりしたことはわからなかった。

ただ、何か赤ん坊に関係があることだとしか…

でな、これからのことは関係があるかはわからないんだが。
俺はこの後、大学はなんとか卒業したが、就職はせずにアメリカに渡った。
観光ビザで不法就労してたんだよ。向こうで女もできてな。
結婚するつもりはなくて避妊してたんだが、子どもができてしまって。
彼女は産むといってきかなかった。
だから俺も向こうの人になる覚悟を決めようと思ったわけ。
ところが、5ヶ月目に流産してしまって、それをきっかけに別れることになったんだ。
日本に戻って就職した。ベンチャー企業でやりがいがあるし成功してる。
結婚もしたんだよ。

だけど2回妊娠して、2回とも流産だったんだ。
医者の話では、女房の体に問題があるということではないようだった。
でな、このバイトのことが気になるんだよ。
俺以外の2人が今どうなってるかも。

 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , ,