アクセスランキング

【怖い話】腕で遊ぶ小学生

   

これは1年ちょい前、実際に見た話です。

家の近くで子供3人が遊んでいる横を自転車で通ろうとしたときなんですけど、

なんかへんやなあ、見間違いかなあ

って思ってたんです最初。

で、だんだん近ずくにつれ

真相が分かってきたんです。

小6ぐらいの子供が左手に持ってたのがね、

小学校ぐらいの子供のと思われる右の脇の付け根から先の腕だったんです。

それを背中に入れたり、脇に持っていったり、それで肩にとんとんてしたり、匂いだりして遊んでるんですよ

おれ、こわくてこわくて

んでしばらく行くと、道に血管らしき物が落ちていました。

さらにしばらく行くと




子供が道に倒れて血の池になってたんです。

しばらくして意識が戻ったようで、壁にもたれて左手で右腕の付け根に手をもっていったんです。

腕が無いことに気が付いたようで彼は

「腕がない、腕がない」

って泣いていました。

切り口からはまるでポンプのように血が溢れ出ていました。

もうその子の唇は紫色で、だれが見ても生き延びる余地はなかったです。

ただ、気になるのは、

その子の周りに近所のおばさんが居たんですけど、

救急車を呼ぶどころか、もの珍しそうに見ていました。

数日後近所の集会所の立て札に「**ちゃん葬儀会場」って書いていました。

あの腕、あとどうしたんでしょうねえ

それを聞いた”なに”で遊んでた子の親はなんて言ったのでしょうかねえ

まったく恐ろしい1日でした。




 

 - 怖い話/怪談 ,