アクセスランキング

【怖い話】耳にこびりついてる幼子の悲鳴

   

もう17、8年くらい前の話だ。

高校を卒業して埼玉に就職して、半年くらいで中古車を買ったんだよ。

車を手に入れた事が嬉しくてさ、仕事が終わるとそのままドライブに行く事が多かった。

ある日秩父の方まで足を伸ばして、山の中を流してたら、いきなり耳元で幼い子の悲鳴、というか断末魔みたいなのが聞こえたんだよ。

当然急ブレーキ。

霊体験なんて無かったから、車を路肩に停めてガタガタ震えた。

夜だし停めておくのも怖いんだが、嫌な汗はかくし、足は震えて言うこと聞かないし、とにかくパニックだった。

それでもカーステのボリューム上げて、さっきのは幻聴だと言い聞かせて、何とか住んでる町まで戻った。




それから3週間後くらいだったかな。

ニュースを見てたら俺が走った山が映ってさ、アナウンサーが

「○○○被告が、殺害した女の子を焼いた場所を自供しました!」
って。

目の前が真っ暗になった。

未だにあの悲鳴が耳にこびりついてるよ。





 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , , ,