アクセスランキング

【怖い話】突然現れたに迫られる…

   

昔住んでたボロアパートでに体験

深夜に腹が痛くなって目覚めてトイレへと急いだ。

明かりを点けドアを開いた瞬間俺は凍りついた

そこには髪がグシャグシャでボロっちい服をきた女がうつむいて立っていた

「んぉ!」

俺は急いでドアを閉めてどうしたらいいのか分からずアタフタしつつ布団に潜った

「何だったんだ今のは???」

独り言を言いながら腹痛を我慢していた

しかし腹が我慢の限界が近づいてきている

寝ぼけてたのか?いや、でもホンモノかもしれねーし行きたくねえ…どうする!?

もうダメああああああ!!!!

俺は我慢しきれずトイレへ向かった。

もう漏れる寸前、さっきの女の事は頭になく勢いよくドアを開け中に駆け込んだ…

「ふぅ~」

やっぱり寝ぼけてたのか、ふざけんなよ!と事を済ませ気持ちよくその夜は寝た。

次の夜、俺は仕事から帰ってきた

どうもトイレが気になる。

寝ぼけてた事にしてたが、アレは本当にそうだったのか?

妙にリアルだった。

(ガチャ)

ドアをそーっと開けて中の様子を伺ったが別に普通だ。

考えすぎか、シャワーを浴びる事にした

「フフフン♪」

と鼻歌を歌いながら頭と体を洗い最後にヒゲを剃ってる時だった

鏡に風呂場の外(風呂のドアは半透明)に人影が動いてるのが見えた

俺は1人暮らしだし彼女もいない…

俺以外にこの部屋に入ってくるなんて…

ドロボウ?

いや昨夜の女なのか?

その人影は風呂場の外に立っている、俺は鏡から目が離す事が出来ない

…何分経っただろうか、人影はピクリとも動かない

俺も鏡を見たまま動けない。

コイツはドロボウではないな、やっぱり昨日見たのはホンモノだったんだと確信した




俺は決心し鏡から徐々に後を向こうと首を動かした

そしてドアを見たらソイツは立っていなかった

もう1度鏡を見たがいない

だが今度は寝ぼけてるワケでもなくヤツは確実にこの部屋に居るんだと怖くてたまらなかった

風呂場から恐る恐る出て部屋の明かりを点けテレビも点けた

部屋中キョロキョロして落ち着かない

これは酒を飲んで寝るしかねーなと酒を煽って部屋の明かりとテレビをつけっぱなにし寝ることにした。

寝てから何時間が経ったんだろう?

体が重い…何か苦しいので目を開けてみた

「!」

俺の体に女が乗っかっていた!

なぜか寝る前に点けてた明かりとテレビが消えてる…

コイツが消したと言うのか?

どうなってんだ!

苦しい、体が動かんやばい!

「うぅっ、うぅぅ~」

女は何でか泣いてる?

そして女は俺の首を絞め始めた

苦しい助けてくれ~

俺は死にたくない、助けて、助けてええええ

と心の中で叫んだ。

だが女の手はきつくなる一方。

「うぅっ、…君…淋しいよぅ、りょう君」

りょう君???

こいつは人違いをしてるのか?

俺は

「うぅううう(違う)」

と言葉にならない声で否定した

そこで意識が途絶え気がついたら朝だった

夢ではないと分かったのは

布団の周りに髪の毛が散らばっていたからです





 

 - 怖い話/怪談 , , ,