アクセスランキング

【怖い話】琵琶湖で小便を掛けたモノ

   

俺19歳まで滋賀県に住んでたんだけど、その時の話

引っ越す前に友達3人と車でドライブしてた。

卒業式の後だったので思い出話でかなり盛り上がっていた

夜の11時半くらいになって友達の1人がいきなり

「船で琵琶湖に入ろうや!」

と言い出した。

夜の琵琶湖は真っ黒でそこの浜は心霊スポットだったので嫌だったが盛り上がって断れる雰囲気じゃなかった

二人乗りの船はそこらじゅうに積んであるので協力して二艘を岸付近に浮かべた

じゃんけんで2:2に別れてオールで漕いで岸から離れた

まだ3月で寒かったので

「落ちるなよ!落ちたら死ぬぞw」

とか大声で言い合いながら漕いで行った

結構沖の方まで行って(150Mくらいかな)疲れたから休もうって事になってそこに浮かんで喋ってた

その時さっきまで穏やかだった波がだんだん強くなってきて、危ないなって思って

「もう戻ろう!」

って叫んだ。

一緒に乗ってた奴も焦って頷いてた

そしたら向こうが

「ここでションベンしたら気持ち良さそうだから先戻って!すぐ追う」

って言ってきたので岸に向かって漕ぎ始めた

俺のグループの船が先に岸に着いた。

あいつら何してんだとか話しながら1分程たったくらいにやっと影が見えてきた(と言っても距離は20M程です)

かなり騒ぎながら焦りながら必死で濃いできていたのでそいつらが岸に着いた時

「どうしたの?」

って聞いたらそいつらが

「水中から人の頭が水面に出てきた!」

って言ったので俺はまたこいつら言ってるって思ってた

と言うのもこいつらは普段からふざけてばかりだからだったからです

その後また車に乗り込んで山の方に行ったんですが車の中でもそいつらはずっとその話をしてた。

突然俺と一緒に船に乗った運転手の奴が

「いい加減にしろ!」

ってキレて車から降りた

仕方ないからみんな降りてジュース買ったりして機嫌を取ってた。

するとそいつがいきなり号泣しだして

「俺、女の声聞いた」

って言い出した。

俺は背筋がゾクッとして皆無口になった

しばらく無言になった後もう帰ろうって話になって車に乗り込んだら

エンジンがかからなかった

そこで頭を見た二人のうち一人が泣き出した。

「俺最初ゴミかなんかと思って頭にションベンかけた。やばい」

って

俺は何も見てないんだから冷静にならないといけないと思い、

「この近くに琵琶湖が見えるペンションってあるやろ?あそこまで歩いて朝までそこで待とう」

と言った

皆同意して歩いた。

湖岸道路の山道だったから左は山、右は琵琶湖になってる道だ。

数分歩くと小便かけた奴が

「いる 琵琶湖の方」

って言ってたので見たが何も見えなかった

「もう見ない方がいい」

と言って歩いた

ペンションに着いたが当然閉まっていたので宿泊客の灯りが着いた部屋の窓を叩いて事情を簡単に説明し、中に入れてもらった。

家族で部屋を二つ借りてるからこっちを使いなさいと言われて、お礼を言った。

この時は心底感謝した

コーヒーを飲んでみんな落ち着いたのかすぐに眠ってしまった。

俺も気付かない内に眠ってた

夜中に友達の一人が騒ぎ出して起こされた。

「〇〇(小便かけた奴)がおらん!」

トイレも見に行ってもどこにも居ない。

「一人が琵琶湖見に行こう…」

って言い出した。

正直怖くて行きたくない皆わかってたけど言い出しにくかった

ペンションを出てすぐの浜を大声で叫びながら探した。

浜を歩いているとすごい汚い小屋があった。

外から鍵がかかっていたが石で叩き壊して入ったら友達がいた

そいつはまさに気が狂ってる感じで目の焦点があってなく涎を垂らしてた。

もう皆泣きながらそいつを抱えてペンションに戻った。

そいつをベッドに寝かせて朝まで起きてよう!っていい聞かせてやがて何事もなく朝になった

朝になりベッドの奴を起こしたら普通だった。

全く覚えてないみたいだった

あの事は内緒にしようってなって車に歩いた。

エンジンもかかりそれぞれ家に帰った。

それから2日後の新聞を見てゾッとしました。

あの小屋で強姦殺人があって死体が小屋で見付かったそうです…

俺が小屋に入った時は必死で全く気が付きませんでした。

皆で話し合った結果警察に行き事情を全て説明しました。

こっぴどく怒られました

今でもわからないのは琵琶湖で友達が見た頭と小屋での体験が同じモノかはわかりません。

車で20分ぐらい離れてる場所なんで

 

 - 怖い話/怪談 , , , ,