アクセスランキング

【怖い話】煙人間

      2016/05/27

10年くらい前の話になります。

当時私は大学4年生でした。

時期は確か10月の中旬ぐらいだったと記憶しています。

さわやかな秋晴れの日曜日でした。

前の晩から友人宅で徹夜で飲んでいて、自宅に帰ってきたのが午前9時ぐらいでした。

一睡もしていなかったので、自宅に着いた途端猛烈な眠気に襲われました。

その日は夕方からバイトが入っていたので、とりあえず昼過ぎぐらいまで眠ろうと思い目覚ましを午後2時にセットして、敷きっぱなしの万年床に倒れこむように横になり、そのまま寝てしまいました。

しばらく眠って、ふと目が覚めました。

目覚ましは鳴っていません。

しまった、寝過ごしたか、と一瞬焦りましたが枕元の時計を見ると11時過ぎくらいを指しています。

窓から差し込む秋の日差しが室内を明るく照らしています。

2時間弱くらい寝たところで目が覚めてしまったようでした。

あれだけ眠かったのにあんまり寝れなかったんかな、などどぼんやりした頭で考えていたのですが、その時妙なことに気づきました。

当時僕が住んでいたのは六畳一間のワンルームだったので、寝床から少し頭を起こすと玄関がそのまま見えます。

その玄関のドアが、少しだけ開いているのです。

そのドアは重たい金属製の扉で、何かで押さえておくか、物が挟まったりしていない限り、手を離しただけで自重で勝手に閉まるものでした。

おかしいな、と思いましたが、帰ってきた時には酔いと眠気でフラフラだったので、もしかしたら部屋に入る時に靴か何か挟み込んでしまったのかな、と思いました。

扉の隙間からは快晴の青い空が見えます。

このまま開けっ放しにしておくわけにも行かないので閉めようと思い体を起こそうとしました。

しかし、体が動きません。

首から下が全く動かないのです。

感覚も全くありません。

うんうん力を入れてみましたがどう頑張っても動きません。

あれが金縛りというものだったのでしょうか。

意識ははっきりしているのに体はまるで自分のものでないかのように微動だにしないのです。

これまでそういう経験のなかった僕は尋常じゃなく焦りました。

動かない体のコントロールを取り戻そうと四苦八苦していたところ、玄関の、ほんの少し開いた隙間から何かが入ってくるのが見えました。

もくもくとした黒い煙というか、霧というか、そういう物体でした。

体を動かせない僕はただただ恐怖するしかありません。

頭皮から冷たい汗が吹き出します。

その煙は寝ている僕の左横まで来ると動きを止め、不定形の黒い塊になりました。

どうすることもできず見ているうちに、それが徐々に変形していきました。

30秒くらいかかったでしょうか、やがてその黒い塊は人間の形になりました。

全体的にもやもやとしてはいますが、頭、胴体、腕、足がそれとわかる形になりました。

高さは5~6歳の子供の身長くらいでした。

そのまま、その物体、煙人間とでも言いましょうか、それは何をするでもなくその場にずっと立ったままでいます。

全身真っ黒で目に当たる部分がないので分かりませんが、見下ろされているような感覚でした。

もうその時には僕は恐怖で発狂寸前です。

(ああ、何だか分からないけど多分僕はこいつに殺される。

人に恨みを買うような覚えは何もないけど、きっとこいつは僕を殺すためにここに来たんだ。

わざわざ金縛りまでかけて。

ああ、でもまだ死にたくない!神様仏様、悪魔でも天使でもなんでもいいから助けて下さい!)

…目をつぶって必死に祈りました。

その時です。

それまで全く動かなかった体の、右半分だけに突如感覚が戻ってきました。

急に右半身だけ自由に動けるようになったのです。

左側…その煙人間がいる方の側だけは相変わらず麻痺したままでしたが。

無我夢中で、僕は寝床の横にいつも置いている金属バットをひっ掴みました。

当時僕が住んでいた地域は空き巣や傷害事件が多発している治安のあまりよくないところでしたので、万が一暴漢に寝込みを襲われた場合、とっさに身を守るための道具として、常に布団の右側にバットを置いていたのです。

全握力を込めてバットを握りしめ、自由になった右半身で思い切り反動をつけて、バットを煙人間に体ごと叩きつけるような形で左側へ寝返りを打ちました。

バットは煙人間の脳天から股下を綺麗に貫通し、そのまま床の畳を勢い良く叩きました。

次の瞬間、煙人間はボワッと(音がしたわけではないですが、そういう感じで)元のもやもやした霧とも煙ともつかぬ状態に戻ると、そのまま入ってきた玄関の隙間からサーッと出て行きました。

直後、玄関の扉がものすごい音を立てて閉まりました。

僕はその様子を呆然と見ているしかありませんでした。

左半身の金縛りもその時には解けていました。

バットの当たった箇所の畳が凹んで、黒いススのようなものが付着していました。

気持ち悪いので濡れタオルで拭いたらあっさり取れました。

いったいあいつは何者だったのか、何をしに僕の部屋へ来たのか、そしてなぜあの瞬間、右半身だけ金縛りが解けたのか、いろいろと分からないことだらけです。

それ以降、そういったものを見たことは一回もありませんし、僕自身や周りの人間に不幸な事があったとか、そういうこともありません。

ただただ不可解なできごとでした。

皆さんももし悪霊とか妖怪とかそういうのに出くわしたら試しに物理で殴ってみてはいかがでしょうか。

案外簡単に撃退できるかもしれませんよ。

 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話