アクセスランキング

【怖い話】焦げ臭い

   

友人のA君は2階建ての家に住んでいました。

ある日、A君の家に遊びに行くと、A君が

「なんか、焦げ臭い」

と、言い出しました。

私は何も感じなかったので、そう伝えても、しばらくの間「焦げ臭い」と、何度も言っていました。

帰るときに、A君が玄関まで送ってくれたのですが、その時に何気なく上を見ると、2階の窓からA君がこっちを見ていました。

目の前にもA君。

2階のA君は、とても穏やかな表情でした。

でも、私はなんとなく怖くなって、何も言わずにその場を去りました。

それから何日かして、A君の家は火事で燃えてしまいました。

あの2階も燃えてしまいましたが、幸いな事に一人のけが人も出ませんでした。

あまり怖い話でなくてごめんなさい。

 

 - 怖い話/怪談